はこだてスイーツフェスタ2014 レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
はこだてスイーツフェスタ2014

この記事では、2014年10月24日(金)から26日(日)までの3日間、棒二森屋本館7階催事場にて開催される「はこだてスイーツフェスタ2014」の様子を写真で紹介しています。函館・道南のスイーツ店が大集結するイベントとして毎年開催されており、今年は初参加の2軒を含む22軒が出店しています。

はこだてスイーツフェスタ2014 はこだてスイーツフェスタ2014 はこだてスイーツフェスタ2014

▼豊富なケーキ類

はこだてスイーツフェスタ2014

はこだてスイーツフェスタ2014

好きなケーキ1種類とワンドリンクが500円でいただける「スイーツカフェ」

はこだてスイーツフェスタ2014

ブース出店していない店舗の商品も含め、、バラエティーに富んだケーキ類が並ぶ

はこだてスイーツフェスタ2014 はこだてスイーツフェスタ2014 はこだてスイーツフェスタ2014 はこだてスイーツフェスタ2014

はこだてスイーツフェスタ2014

「函館スイーツコンテスト2014」洋菓子部門グランプリ受賞作品「ミニョン」。ドゥ・エ・タンドゥル函館花園店が受賞。

▼話題店や話題のお菓子も続々

はこだてスイーツフェスタ2014

多様なフレーバーから選べる

はこだてスイーツフェスタ2014

アメリカンポップコーン専門店「TOP’S POPCORN」

はこだてスイーツフェスタ2014

ロールケーキ専門店「ガトー・ルーレ」。持ち帰りや保存に便利な冷凍ロールケーキも多数

はこだてスイーツフェスタ2014

シュークリーム専門店「ママデコレ」

はこだてスイーツフェスタ2014

サクッと焼き上げた皮に、甘さを抑えたクリームがたっぷり

はこだてスイーツフェスタ2014

「ジョリ・クレール」のもちもちエクレア。ずーしーほっきーのイラスト入り。

はこだてスイーツフェスタ2014

アイス専門店「グラシエセ・シュウェット」

はこだてスイーツフェスタ2014

はこだてスイーツフェスタ2014

ビターなチョコレートは、チョコレートの本来の味わいがしっかりと伝わってくるおいしさ

▼実演販売もあり

はこだてスイーツフェスタ2014

「北じま」のクッキーシュー作りの様子

はこだてスイーツフェスタ2014

「北じま」はオムレットという別のお菓子のクリームもその場で詰めていた

はこだてスイーツフェスタ2014

これが「オムレット」。さつまいもクリーム、モンブラン、ベリーの3種類があった

はこだてスイーツフェスタ2014

団子に焼き目を付けている「大黒屋菓子店」

▼ハロウィンにちなんだ商品も

はこだてスイーツフェスタ2014 はこだてスイーツフェスタ2014

▼ケーキや洋菓子だけじゃなく、和菓子も多数

はこだてスイーツフェスタ2014

言わずと知れた老舗、五勝手屋本舗

はこだてスイーツフェスタ2014

もちろん五勝手屋羊羹は山ほどある

はこだてスイーツフェスタ2014

羊羹だけじゃなく、ちょっと変わったお菓子も。アワと羽二重餅でこし餡をくるんだという大福

はこだてスイーツフェスタ2014 はこだてスイーツフェスタ2014

はこだてスイーツフェスタ2014

厚沢部町産のさつまいも「黄金千貫」で作ったスイートポテトをふんわりした牛皮でくるんだお菓子「はこだて雪んこ」を販売する「嘉福堂」。季節限定でかぼちゃ味を販売

はこだてスイーツフェスタ2014

はこだてスイーツフェスタ2014

上生菓子と抹茶を450円でいただけるコーナー「和菓子茶屋」

▼弘前から3年連続でアップルパイが参戦

はこだてスイーツフェスタ2014はこだてスイーツフェスタ2014

▼持ち帰りやお土産に最適な商品も多数

はこだてスイーツフェスタ2014

道南製パン組合によるパン販売

はこだてスイーツフェスタ2014

札幌の人気店「コーキーズクッキー」のクッキーが!

はこだてスイーツフェスタ2014

濃縮した北海道産牛乳と北海道産砂糖を使用して濃厚に仕上げたという牛乳プリン

はこだてスイーツフェスタ2014

青森県産のリンゴと道南産の牛乳を使った青函コラボ商品「青函プリン」

▼展示コーナー

はこだてスイーツフェスタ2014 はこだてスイーツフェスタ2014 はこだてスイーツフェスタ2014

▼甘い物に飽きたら甘くない商品も!

はこだてスイーツフェスタ2014

具がたっぷりの男爵いもカレーぱん

はこだてスイーツフェスタ2014

焼きたてピザは1枚600円。持ち帰りも可

【寸評】ケーキの出店が例年よりも少ないような印象を受けるが、その分ケーキ以外の出店も多いため、その場で食べるにしても持ち帰るにしても、ケーキだけに限らずさまざまな味が楽しめそう。会場を巡っているだけでも各店のさまざまな工夫が伝わってくる。ただ、スイーツコンテストグランプリ受賞作品や受賞店はもっと目立たせて特別扱いしたほうが、お店側にも来場者にとっても良いような気がした。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク