五稜郭タワー創業50周年記念イベント12/7 レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まぐろ解体ショー

この記事では、2014年12月7日(日)に開催された五稜郭タワー創業50周年記念イベント(2日目)の様子を写真で紹介しています。

▼まぐろ解体ショー&まぐろ丼販売

まぐろ解体ショー

まぐろ解体ショー

解体されるのは約60kgの松前産マグロ。この日のために漁をしてもらったとか

まぐろ解体ショー

マル生古清商店の方が解体を担当

まぐろ解体ショー

MCの質問に答えたり、説明をしたりしながら解体していく

まぐろ解体ショー

脂の乗りが良いと説明

まぐろ解体ショー

この骨だけでも10人分くらいの中落ちが取れるとか

まぐろ解体ショー

解体したマグロをさらり切り分け、マグロ丼にしていく

まぐろ解体ショー

まぐろ解体ショー

マグロ丼引換券は事前に1枚500円で販売

まぐろ解体ショー

300杯のマグロ丼が完売

まぐろ解体ショー

この量で1杯500円!話によると、本来だと2000円以上してもおかしくないとか

▼渡島・檜山在住者限定企画

この2日間(2014年12月6・7日)に限り、渡島・檜山管内在住者は、住所を証明するものを提示すれば創業当時(昭和39年)の料金(大人120円、高校生90円、小中学生60円)で展望室に入場できた

五稜星の夢

17時からは、五稜郭の星型をライトアップする「五稜星の夢」(ほしのゆめ)も点灯

▼栗塚旭・山本耕史 歴史トークショー ※撮影禁止だったため写真はありません

土方歳三を演じた2人の俳優によるトークショー。栗塚旭さんからは、自分が演じる前までは土方歳三といえば苦虫を噛み潰したような役柄だったので、自分にその役が来て驚いたという話や、たった40年ほどでも時代劇の所作が変わっていることを例にとって、昔の人が本当はどうだったか、史実がどうだったかなどということはなかなかわからない、だからこそおもしろさがあるという話があった。
山本耕史さんからは、「新選組!」では一緒にいた試衛館の仲間が、箱館を描いた続編では誰もおらず、「早く撃たれる場面を撮影して終わりたい」という心境になったので、土方歳三ももしかしたらそんな心境になっていたのでは、という話があった。

【寸評】マグロ丼安すぎ、うますぎ。最近、「マグロ解体ショー」と銘打ちながら何の解説もショー的要素も何もなく、あっという間に解体し終わってしまうケースが多い中、しっかりと観客にわかるように説明しながら解体してくれた古清商店さんは良かった。
トークショーは出演者のサービス精神とMCの話の引き出し方がかみ合っていて、しっかりと中身のあるものになっていた。約2時間のトークショーは長いのでは?と思っていたが、一切飽きさせなかったのは素晴らしい。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク