棒二森屋の新春イベント(1/3)レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
棒二森屋の新春イベント

この記事では、棒二森屋新春イベントの1月3日開催分の様子を写真で紹介しています。棒二森屋では、初売りの1月2日以降、新春イベントとしてさまざまな企画が開催されています。1月3日はそのうち、地元ミュージシャンによるライブや写真展、屋上の神社への特別参拝などが行われました。

▼棒二森屋互福稲荷神社参拝

普段は開放していない本館屋上にある神社に1月3日・4日のみ自由に参拝できるという企画(10:00~15:00)

棒二森屋の新春イベント

棒二森屋本館屋上。写真右手に「互福稲荷神社」がある

棒二森屋の新春イベント

毎月一度は社員の皆さんで参拝しているという

棒二森屋の新春イベント

神社の横からは、すっかり更地になった和光ビル跡地が見えた

棒二森屋の新春イベント

参拝者先着50名に、千秋庵総本家のどら焼きがプレゼントされた

▼ハッピーニューイヤーでショー

函館で活動するミュージシャンによるライブ。1組約30分間たっぷりと聞かせてくれた。

棒二森屋の新春イベント

ミック・サトーさん。長く活動されているだけあって、世界観が確立されている

棒二森屋の新春イベント

素直な歌声で聴きやすい、An’sClub(アンズクラブ)

棒二森屋の新春イベント

女性ボーカリストの心音(ここね)さん。音楽活動を始めてまだ日が浅いとのことだが、声質がとても素敵

▼その他各種催し

棒二森屋の新春イベント

世代の違う5人が写した「函館」を展示する、「函館5世代の写真展」も3日から開催(5日まで)

棒二森屋の新春イベント

昭和30年代などの函館の様子を収めた古写真パネル展示(3~5日)も人気を集めていた

棒二森屋の新春イベント

似顔絵(1人1,000円)や、生命判断(20分2,000円)のブースも

棒二森屋の新春イベント

くじ引きや射的、輪投げなどの縁日コーナー

この日の様子は、棒二森屋Facebookにも掲載されています。また、イベント全体のスケジュール等は以前の記事でご確認ください。

【寸評】2014年1月に互福稲荷神社が久しぶりに公開された際は時間制で人数限定だったが、今年は時間内ならいつでも参拝できることになっていたので、ありがたかった。ただその一方で、神社のいわれなどの解説がなかったため、できればどこかに「当神社はいついつに設置されてどうのこうの」のような由来などを掲示しておくとありがたみが増したのではないかと思った。
ライブはお正月らしく聴きやすい出演者ばかりで、チョイスがとても良かった。函館でもそれほど多いわけではない、ギターを弾きながら歌う女性ボーカリストの心音さんが、ライブ中に「3月で転勤してしまう」と宣言したのがちょっと衝撃的だった(笑)

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク