ワールズ・ミート・サーカス レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ワールズ・ミート・サーカス

この記事では、2015年6月13日(土)・14日(日)開催のイベント「ワールズ・ミート・サーカス」の様子を写真で紹介しています。このイベントは、8月に元町公園で開かれる音楽とダンスの祭典「はこだて国際民俗芸術祭」のプレイベントとして開催され、これまでに芸術祭に出演したアーティストらによるパフォーマンス上演のほか、飲食ブースや各種体験ブースが多数出店しました。「芸術祭」のプレイベントが元町公園で開催されるのも、屋外で開催されるのも今回が初めてです。

ワールズ・ミート・サーカス

会場の元町公園入口

▼パフォーマーの皆さん(一部)

ワールズ・ミート・サーカス

「てまわしオルガンキノと足長のナニソレ」

ワールズ・ミート・サーカス

紙芝居を上演する「キノ」さんと、優雅にそれを見守る「ナニソレ」さん

ワールズ・ミート・サーカス

1曲200円でリストから好きな曲を演奏してくれる、人間ジュークボックス「タカパーチ」

ワールズ・ミート・サーカス

汗が飛び散るほどの熱い演技を見せてくれる「ボンバングー」

ワールズ・ミート・サーカス

最大7個のボールでのジャグリングを披露

ワールズ・ミート・サーカス

子どもたちにバルーンアートを作ってくれる「ピエロのグッチ」

ワールズ・ミート・サーカス

いろいろな道具で幻想的な動きを見せてくれる「ポテ」

ワールズ・ミート・サーカス

「ポテ」さんが最も得意だという透明な球体での演技

ワールズ・ミート・サーカス

軽快なジョークで観客を笑いの渦に巻き込む「ブライアン・ホルス」

▼飲食・体験ブース

ワールズ・ミート・サーカス

元町公園の中にたくさんのテントが立ち並んだ

ワールズ・ミート・サーカス ワールズ・ミート・サーカス

ワールズ・ミート・サーカス

「本格インド料理 BOMBAY BLUE」

ワールズ・ミート・サーカス

「ナン焼き上がりましたー」

ワールズ・ミート・サーカス

「ASIAN屋台&バル・ライディーン」。熱々のジャガイモにとろけるチーズを載せて

ワールズ・ミート・サーカス ワールズ・ミート・サーカス

ワールズ・ミート・サーカス

甘辛いタレがおいしい「Jonnyの手羽先」

ワールズ・ミート・サーカス

「豚丼ポルコCAMP5」

ワールズ・ミート・サーカス

大門のハンバーガーショップ「BURGER SHOP HOT BOX」

ワールズ・ミート・サーカス

分厚くて肉汁たっぷりの大ぶりパティがはさんである

ワールズ・ミート・サーカス

ロシア雑貨とロシア料理を販売「イニシャティブ」

ワールズ・ミート・サーカス

いかにもおいしそうな看板の「イベントフードJカンパニー」

ワールズ・ミート・サーカス

今まさにおいしそうに焼けているガーリックシュリンプ

ワールズ・ミート・サーカス

その隣ではお肉がいい感じに焼けている……!

ワールズ・ミート・サーカス

とても目立つ、ドリンク販売テント

ワールズ・ミート・サーカス

会場にどどーんと置かれたこちらもドリンク販売テント

ワールズ・ミート・サーカス

テントの中にはカウンターが

ワールズ・ミート・サーカス

ビールも冷え冷え

ワールズ・ミート・サーカス

すぐ横で繰り広げられるパフォーマンスを思い切り応援していた「cafe dining greed」の店員さん

ワールズ・ミート・サーカス

マッサージで疲れを癒してくれるお店も

ワールズ・ミート・サーカス

爪のお手入れやジェルネイルができるブースも

ワールズ・ミート・サーカス

キャンドルを使ったものづくりが体験できる「710Candle」

ワールズ・ミート・サーカス

「函館モノクラフトマーケット」のブースではレザークラフト体験などができた

【寸評】初めて本番と同じ会場で開催されたプレイベントだったが、順調に集客していたように見えた。特に、函館市内の通常のイベントでは集まりの悪い10~20代の客層が多かった点は本番の「芸術祭」と共通しており、芸術祭のファンがしっかりとプレイベントにも足を運んでいることがうかがえる。

その一方で、「はこだて国際民俗芸術祭のプレイベント」という趣旨を知らずにたまたま来場した人、あるいは今まで8月の「芸術祭」に一度も足を運んだことがない人でもすんなりと楽しめる内容になっており、単体のイベントとしても成立している。本番への期待がますます高まる良イベント。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク