箱館ストリートフェスティバルVol.3 レビュー

スポンサーリンク
箱館ストリートフェスティバルVol.3

この記事では、2015年5月24日(日)に函館競輪場で開催された「2015 Vol.3 HAKODATE STREET FESTIVAL」(箱館ストリートフェスティバル)の様子を写真で紹介しています。これは、車両での移動販売を行う業者などで構成する「箱館移動販売促進連合会」が主催する物販と音楽のイベント。函館の移動販売車が集合するほか、移動販売業者以外の一般出店者によるテントでの物販も行われました。

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲競輪場の屋外に、移動販売車が勢ぞろい。クロワッサンの店「ディップクロ」さんとカレーの「CoCo壱番屋」さんが見える

箱館ストリートフェスティバルVol.3
箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲クレープの店「ハコダテサウルス バルゴン」さん

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲イベントには欠かせないたこ焼きを販売する「想作たこ焼きひとふね」さん。車の周囲にはテーブルとイスが並んだ

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲甘辛いタレが絡んだ手羽先がおいしい「ジョニーの出羽先」さん

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲森町から出店、パン屋さん「TAMURA’S」さん

箱館ストリートフェスティバルVol.3 箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲タピオカドリンクとかき氷などを販売「カフェとろん」さん

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲車の中でお肉の柱が回っている!ドネルケバブの店「Kemal」さん

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲お肉をたっぷりはさんだケバブサンド。食べ応え満点!

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲お肉が焼ける香りも食欲をそそる「焼肉物語 牛若」さん

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲黒毛和牛を使用しているという「焼肉&ガーリックライス丼」。こちらもお肉を惜しげもなくご飯にのせている

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲老舗のお茶屋さん「丸山園」さん。その場で点てた抹茶を提供

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲お茶屋さんの社長自らお茶を点ててくれる、ぜいたくなひと時

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲ステージには地元のミュージシャンが続々出演

箱館ストリートフェスティバルVol.3
▲函館出身の歌手・暁月めぐみさんと函館競輪PRキャラクター「りんりん」のステージも

【寸評】移動販売車の皆さんの結束が垣間見え、温かな雰囲気が感じられた。食べ物の種類も多く、お腹にたまる食べ物から軽食、甘味まで幅広くそろっており、選ぶ楽しみがあって良かった。その一方で、移動販売以外の出店ブースが貧弱に見えてしまったので、やはりテントくらいは用意しても良かったのでは……とも感じた。
また、MCなどで「内輪感」が時々顔を出すことも少しだけ気になった。あくまでも不特定多数の来場者を対象としている以上は、来場者に疎外感を与えかねない言動などは控えたほうが良いのでは。

ただ、イベント自体は回を重ねるごとに充実しているのを感じるので、今後もますますの発展を期待したい。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク