第6回ななえあかまつ街道納涼祭(七飯町) レビュー

スポンサーリンク
第6回ななえあかまつ街道納涼祭

この記事では、2015年7月11日(土)・12日(日)に七飯町のあかまつ公園(七飯総合公園)で開催された「第6回ななえあかまつ街道納涼祭」の様子を写真で紹介しています。このイベントは、商工会加盟の店舗や企業による屋台や様々なステージイベントなどで夏を楽しむお祭り。今年は初めて、北海道新幹線H5系ミニ新幹線の乗車体験も行われました。

▼屋台いろいろ

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

ステージをはさむようにテントが立ち並ぶ

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

おいしそうな食べ物の屋台ばかり

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

お祭りの定番、たこ焼き&お好み焼き

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

北海道のお祭りはこうじゃなきゃ!

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

七飯町のそうそうたる名物がそろうブース

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

真夏並みの暑さで飲み物が進む!

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

大沼名物のじゅんさいが入ったおそば

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

似顔絵コーナー

▼子どもたちが遊べるコーナー

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

今回初登場!北海道新幹線H5系ミニ新幹線(写真は七飯町商工会提供)

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

子どもに大人気のふわふわ遊具

第6回ななえあかまつ街道納涼祭

ステージではご当地キャラによるPRステージや事前申込制の「カラオケ王者決定戦」などが行われた

第6回ななえあかまつ街道納涼祭 第6回ななえあかまつ街道納涼祭

【寸評】出店の充実ぶりから年々来場者が増え、今年は2日間で2万人を優に超えたとのこと。出店者からは、函館や北斗からの来場者も増えているようだとの話を聞いた。確かに、露天商が立ち並ぶ函館港まつりや亀田八幡宮例大祭を除けば、函館市内のイベントでここまで屋台が立ち並ぶイベントは年間に数えるほどで、子どもたちが遊べるイベントとなるとその数はさらに減る。その意味で、地域の中でもしっかりと存在意義を発揮するイベントになっていると言えそうだ。

その一方で、人気がありすぎるせいか駐車場の確保が難しくなっている様子が見受けられる。出店ゾーンと休憩ゾーンを広く確保できて、なおかつ駐車場が十分に確保できるイベント会場を探すのはどの街でも頭を悩ます問題のようだ。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク