2015年江差・姥神大神宮渡御祭 写真集

スポンサーリンク
スポンサーリンク
姥神大神宮渡御祭

北海道最古の祭りとされる、江差町・姥神大神宮渡御祭の写真集です。この祭りは毎年8月9日から11日の3日間にわたって開催され、「ヤマ」と呼ばれる13台の山車がお囃子に合わせてゆっくりゆっくりと町中を練り歩くのが特徴です。ヤマにはそれぞれ、歴史上の人物や神様をかたどった人形が据えられており(船型の1基を除く)、それらの人形にちなんだ名前がついています。

宝暦年間(1751~1764年)に作られた神功山をはじめとする、武者人形、能楽人形、文楽人形、歌舞伎人形などを配した豪華な13台のヤマが、吹き流しや錦の御旗をひるがえし、流暢な祇園囃子の調べにのって町内を練り歩きます。
――江差町ウェブサイト

この記事で掲載している写真はすべて、2015年8月11日に撮影したものです。

姥神大神宮渡御祭 姥神大神宮渡御祭 姥神大神宮渡御祭 姥神大神宮渡御祭 姥神大神宮渡御祭 姥神大神宮渡御祭 姥神大神宮渡御祭 姥神大神宮渡御祭 姥神大神宮渡御祭 姥神大神宮渡御祭

▼Twitterより、参加者の声

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク