五稜郭ランチフェスタ レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
五稜郭ランチフェスタ

この記事では、五稜郭ガーデン(函館市本町9-17、シダックス裏)で2015年10月11日(日)・12日(月・祝)の2日間開催のイベント「五稜郭ランチフェスタ」の1日目の様子を写真とともに紹介しています。初開催となったこのイベントでは、ランチフェスタ限定のプレートランチ販売をはじめ、地元生産者による野菜マルシェ」、市内スイーツ店のアップルパイ販売、人気ベーカリーのクロワッサン販売などが行われました。

▼会場は五稜郭ガーデンの中庭

五稜郭ランチフェスタ
五稜郭ランチフェスタ
中庭には屋根があり、十分に光を取り入れつつもほどよく閉じられた空間になっている。

▼特製ランチプレート販売

五稜郭ランチフェスタ
ランチプレートは2種類販売された。こちらは、センティール・ラ・セゾン函館山のローストビーフをメインに、阿佐利のコロッケと地元の野菜、パンプキンスープなどを添えた一皿。

五稜郭ランチフェスタ
もう一種類は、大門に店を構えるカレー屋さん「マサラカリス」の無水カレー特別プレート。

▼クロワッサン&アップルパイ販売

五稜郭ランチフェスタ
人気ベーカリーのクロワッサンと市内スイーツ店のアップルパイが大集合。欲しい物を選んで手渡してもらう。見た目はおしゃれだが少し面倒なシステム。
五稜郭ランチフェスタ 五稜郭ランチフェスタ 五稜郭ランチフェスタ

▼その他のパン類も

五稜郭ランチフェスタ
パン エスポワールの、パンと具材を選べるサンドも出品。
五稜郭ランチフェスタ
4種類の具材が用意されていた。

五稜郭ランチフェスタ
クロワッサン以外のパンが並ぶ「パンマルシェ」。種類はあまり多くない。

▼その他のブース

五稜郭ランチフェスタ
人気店「レストラン nana-papa」は、チーズメンチカツを出品。
五稜郭ランチフェスタ
外側からでは分からないが、ひとくちかじると中から大量のとろりとしたチーズがあふれ出る。

五稜郭ランチフェスタ
テーラードコーヒーの淹れたてコーヒー販売。
五稜郭ランチフェスタ
ドリンクブース。
五稜郭ランチフェスタ
とれたて野菜を販売する「野菜マルシェ」には、高坂農園と駒ケ岳ファームが出店。
五稜郭ランチフェスタ

五稜郭ランチフェスタ
無料でハンドマッサージをしてくれる、POLAのブース。
五稜郭ランチフェスタ
体にいいドリンクなども販売。

▼ステージでは……

五稜郭ランチフェスタ 五稜郭ランチフェスタ
会場一番奥に設けたステージでは、生産者や食の流通・販売などに携わる人など食のプロたちによるトークや実演などが行われた。

▼お楽しみ抽選も

五稜郭ランチフェスタ 五稜郭ランチフェスタ
ドリンク以外の商品購入か、ヒトハコ市(芸術ホール前で開催)との2箇所制覇でもらえる抽選券で、1人1日1回限り抽選に挑戦できる。賞品には函館の特産品が多数用意されており、なかなか豪華。

【寸評】開会30分後くらいまでは準備が完全には整わず、全体的にかなりバタついた。2日目は解消されると思うので、よりスムーズな運営が期待できそう。ランチプレートが2種類しかなかったのは少々期待はずれの面も。地元の食材にもう少しクローズアップした、「函館・五稜郭のランチフェスタ」らしいものがあと何種類かあっても良かった。2日目は函館朝市からどんぶり、自由市場から寿司の出品があるためかなり充実しそうではあるが、パン類のほかに、その場で食べられるものがもう少し欲しかったのが正直なところ。
とはいえ、今までに例のない「クロワッサン大集合」や、かなりお得な商品が用意されている抽選会など、楽しい取り組みを用意して作り上げていることに敬意を表したい。時間の関係で最初しか聞けなかったが、各分野の食のプロによるトークや実演をそろえたのもとても良い取り組み。五稜郭ガーデン自体がオープンしていれば、函館の食のイベントとしてかなり充実した催しになったはず。五稜郭ガーデン開業後の継続開催を期待したい。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク