はこだてクリスマスファンタジー2015初日レポート!

スポンサーリンク

今年も函館の冬の一大イベント「はこだてクリスマスファンタジー」(函館クリスマスファンタジー、クリファン)が11月28日から12月25日まで、28日間の日程で開幕しました。雨に見舞われつつもにぎわった初日の様子を写真とともにご紹介します。

▼今年もJALベルスターで幕開け

151128cf11-011 151128cf10-010
▲JALの客室乗務員8名からなるハンドベル隊「JALベルスター」の皆さんが今年も登場し、雨の落ちる中でクリスマスソングを演奏。インタビューされた方は、「いつも函館空港に着いて40分でまたすぐ帰ってしまうので、函館に来たのは(実質)初めて。佐賀県出身なので自分だけ寒いのかと思ったら、皆さんも寒そうですね」と、来場客をねぎらうコメント。

▼雨が激しくなる中で点灯

151128cf12-012
▲ベルスターに替わってクリスマスファンタジーのキャラクターが登壇。
151128cf01-001
▲突如として雨が激しく降りつける中、ツリーの電飾に明かりがともる。メインツリーの電球は例年10万個程度だが、今年は14万8000個に増やしたという。

▼記念撮影スポットも人気

151128cf09-009
151128cf03-003
▲メインツリー横には、今年も「もみの木の妖精の教会」と記念撮影用ベンチが登場。点灯式前後は、常に何組か順番待ちをしているほどの人気。

▼辺りにいい香りがただよう「スープバー」

151128cf06-006
151128cf05-005
▲今年は10店舗が13種類のスープを出店。道南や北海道の食材を使った幅広い味わいが楽しめる。1杯600円で、チケット制。チケットはスープバーの露店並びで販売。

▼ステージイベントも会場を盛り上げる

151128cf13-013
151128cf14-014
▲初日は、点灯式直後にシンガーソングライターのRihwaさんが登場。かわいらしい笑顔と元気いっぱいの優しい歌声で来場者を引き付けた。会場にいたクリスマスファンタジー関係者も「点灯式後にこんなにお客さんがステージに留まっているのは珍しい」。


▲出演後のRihwaさんのツイート。実は函館に住んでいたことがあるとのこと。

▼その他の会場風景点描

151128cf15-015
151128cf16-016
151128cf02-002
151128cf07-007

はこだてクリスマスファンタジー2015公式サイト

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。