津軽海峡フェリーフードマーケット&第4回AP北海道in同友会 食べマルシェ レビュー

スポンサーリンク

この記事では、2015年10月18日(日)に/津軽海峡フェリーターミナルで開催された「津軽海峡フェリーフードマーケット&第4回AP北海道in同友会 食べマルシェ」の様子を写真とともに紹介しています。函館地域の様々な店が自慢の食産品を販売する「フードマーケット」と、道南の農業者が野菜やお米、その他の食品を販売する「AP北海道収穫祭」を同時開催したこのイベントには、30軒以上の生産者・販売者が出店しました。

4aph01
▲ターミナル2階フロアを全部使ってブースを配置

▼津軽海峡フェリーフードマーケット

4aph03
4aph02
▲10月にオープンしたばかりの「ぱん屋wakka」
4aph04
▲海岸町にある惣菜と定食の店「マルテン」
4aph05
4aph06
▲「函館豆壱」は超高級豆「ゲイシャ」の淹れたてコーヒーを1杯1,000円で提供。ちゃんとコーヒーカップで提供。
4aph08
▲たい焼きの「中村屋」
4aph10
4aph09
▲函館短期大学付設調理製菓専門学校は焼き菓子を出品
4aph12
4aph11
▲お餅やスイートポテトなどを販売、「東京堂」
4aph07
▲できたてメニューを販売するコーナーも

▼AP北海道収穫祭

4aph27
4aph14
4aph17
4aph15
▲大沼ガロハーブガーデンの非加熱はちみつ
4aph21
4aph22
▲アスパラ栽培を専門にしているという厚沢部町「ジェットファーム」。すでにアスパラの時期は終わったため、この日はかぼちゃを出品
4aph20
▲「今年、まだどこもやってない乾田直播で育てたんだよ」と自慢のふっくりんこを抱える「しみず農園」
4aph19 4aph26
▲「八百ねっと」のブースに並んでいた、オレンジカリフラワーという見慣れない野菜。聞くと、普通のブロッコリーよりも甘みがあっておいしいのだとか。
4aph18
▲色も鮮やかな「京くれない」というニンジン
4aph13
▲長~いズッキーニ。大きくなりすぎなんじゃないの?と思ってしまうが、皮ごと食べられるとのこと。

【寸評】今回はフードマーケット部分の出店が少なく、もう少しあっても良かったかなという印象。各分野の店がそろってはいたが、「今回はこんなテーマで集まりました」というものがはっきりと打ち出されていると、より購入意欲も湧きそうだ。

第4回AP北海道in同友会は生産者が自ら売る形態なので、商品の特徴や食べ方などについて話を聞くことができ、直売ならではの良さが感じられる。各ブースに「ウチのこだわり」を明記した紙が掲示されていたのも、ちょっとしたことではあるがとても良かった。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク