【2016/2/11開催終了】第1回陣川あさひ町会ウインターフェスティバル レビュー

スポンサーリンク

陣川あさひ町会が2016年2月11日(木・祝)に開催した冬まつり「第1回陣川あさひ町会ウインターフェスティバル」の様子をご紹介します。雪上ゲーム大会やフード販売、カキ氷早食い大会などの催しが行われ、地域の子どもたちでにぎわいました。あのご当地ヒーローも登場!?

160211js09
▲会場は陣川あさひ町会館の駐車場。物販テントが立ち並び、各種雪上ゲームコーナーが設けられた
160211js06
▲町会の皆さんが各ブースでスタッフとして活躍
160211js04
160211js05
▲思わず大人も買ってしまう駄菓子コーナー
160211js02
当サイトでも以前ご紹介した「新幹線ガチャ」も設置!
160211js12
▲ご当地ヒーロー「函館鮮士イカダベッサー」と、悪の首領「ゲーイン将軍」が会場に登場。悪の首領は、近寄ってくる子どもたちには優しい(笑)

▼ゲームいろいろ

160211js14
▲昔やったような気がする「長靴飛ばし」
160211js13
▲雪上パークゴルフ
160211js03
▲ストラックアウト
160211js07
▲真冬のカキ氷早食い大会。この日は暖かかったものの、参加者はなかなかキツそう
160211js10
▲その横でイカダベッサーが参加者を応援。唐草模様のヘルメットをかぶった、イカダベッサーの敵役「ナマラボイド」もちゃっかりカキ氷早食いに参加。

【寸評】町会の若さとまとまりを感じさせるイベント。規模がそれほど大きいわけではないが、たくさんの地域住民が携わって作り上げていることがうかがえる。地域の子どもたちにとって貴重なイベントであるだけでなく、全体的に衰退傾向が著しい町内会のあり方のひとつとして参考になる部分が大いにありそう。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク