【2016/2/14開催終了】第16回冬江差“美味百彩”なべまつり レビュー

スポンサーリンク

2016年2月13日(土)・14日(日)の2日間開催された江差町の冬の食イベント「第16回冬江差“美味百彩”なべまつり」の様子を写真を中心にご紹介します。

通称「江差なべまつり(江差鍋祭り)」と呼ばれるこのイベントは、その名の通り鍋もの・汁物の食べ比べができるフードイベント。毎年、地元・江差町の飲食店などを中心に多数の出店があり、1杯250円均一で販売されます(4枚つづり1,000円のチケット制)。

▼屋内会場の外周にブースが立ち並ぶ

160214en26
▲壁にはずらりと大漁旗。中央が飲食スペースとなる
160214en25
▲入り口には出店配置図が掲示されており、これと同じものが来場者にも配布される。今回の出店者は、店舗・団体等合わせて23組。
160214en07
▲どのブースも活気にあふれる
160214en23
▲複数の鍋ものを販売するブースもあるので、鍋ものの種類は30種類近くありそう160214en04
▲目に付いたものから買い求めていくととても食べきれないので、まずは場内をひと回り。どれもおいしそうだ
160214en01
▲大鍋の中をのぞいてみると、どの鍋からもおいしい香りが立ち上る
160214en11
▲人気の鍋ものはどんどん減っていく。早めに買わなければ

▼ぜーんぶ1杯250円!

160214en13
▲もつ鍋
160214en14
▲江差の浜なべ
160214en15
▲すり身汁
160214en16
▲とろとろビーフシチュー
160214en17
▲ひやま漁協女性部の皆さんが作るくじら汁を発見!
160214en18
▲ものすごく、具だくさん
160214en19
▲そんな「くじら汁」は、さっぱりとした中にクジラのうまみが感じられた
160214en20
▲塩ホルモン鍋
160214en21
▲締めに、おそば

▼鍋もの以外の食べ物も

160214en06
▲鍋ものだけでもおなか一杯になるが、おいしそうなご飯物やおかず類も多数出品される
160214en10
▲江差の寒海苔で巻いた太巻き寿司
160214en24
▲持ち帰り用の商品もいろいろ

【寸評】地域色のある食イベントとして確立されており、毎年、片道2時間弱かけても行こうという気になれる。あえて観光客受けなどを求めず、このままの形態で継続することが一番のような気がする。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク