【2016/4/12必着】函館観光イメージキャラクター一般公募!!

スポンサーリンク

道南の観光関連企業で構成される「箱館会」は14日、函館国際観光コンベンション協会との共催により、函館観光イメージキャラクターの一般公募を実施すると発表しました。

条件は、「函館の歴史、文化、国際観光都市のイメージにあった親しみやすいキャラクターであること」。ただし、新幹線のイメージは使用できません。ぬいぐるみなどで立体的に再現できる構造であることが求められており、正面図、側面図、背面図の3点の提出が必須となっています。

作品は着色で提出しますが、グラデーションやぼかしなど濃淡の使用は不可。さらに、単色で使用してもイメージを損なわないことも条件とされています。

募集期間は3月14日から4月12日まで(必着)。審査により優秀賞3点を選び、その中から箱館会会員の投票により最優秀作品1点を選び、4月中に発表。最優秀作品には賞金10万円と函館・道南の特産品、優秀賞にも函館・道南の特産品が贈られます。

作品応募の際の詳しい仕様や応募方法、宛先などは函館国際観光コンベンション協会サイトトップページから「函館観光イメージキャラクターの一般公募について」に進み、PDFで掲載されている実施要項でご確認ください。

念のため、以下に実施要項の直リンクを貼ります。
【函館観光イメージキャラクターの一般公募について(実施要項)】

ちなみに……

箱館会は2009年の函館開港150周年にあたり、ペリー提督をモチーフとしたキャラクター「ペロリくん」を独自に制作しています。
150pr1
▲函館開港150周年の卓上フラッグに描かれた「ペロリくん」
150pr2
▲函館開港150周年メイン事業の会場内通貨にもデザインされた

ペロリくんは市内各所に設置された顔はめボードなどにも使用されていたので、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。最近では2014年の五稜郭築造150年祭の際にもキャンペーンキャラクターとして使用されていました。今回は一般公募とのことで、どんなキャラクターになるのでしょうか。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク