冨士冷菓「獺祭酒粕あいす」がご当地アイスクリーム最高金賞に

スポンサーリンク

冨士冷菓さんの「獺祭(だっさい)酒粕あいす」が、「FOODEX JAPAN 2016」(フーデックスジャパン2016)にて行われたご当地アイスクリームグランプリで最高金賞を受賞しました。

フーデックスジャパンは、今年で41回目を数えるアジア最大級の食品・飲料専門展示会。今年は3月8~11日に幕張メッセで開催され、世界78の国と地域から食品・飲料メーカー・商社など3197社が出展。国内外から食品バイヤーや購買担当者など7万6000人以上が期間中に来場したとのことです。

「獺祭酒粕あいす」は、純米大吟醸酒しか作らないことで知られる山口県の酒造メーカー「旭酒造」の日本酒「獺祭」の酒粕を使用したアイスクリーム。口に入れるとふわっとした香りと優しい甘さが広がります。

今回の「ご当地アイスクリームグランプリ」には、ご当地アイスクリーム全61品がエントリー。 「獺祭酒粕あいす」が受賞した最高金賞は、そのうち上位8点にのみ与えられた最高賞です。同商品は「購買欲審査賞」も獲得したため、2部門での受賞となりました。同時出品した「北斗市産トマトあいす」も銅賞を受賞しています。

審査は来場者が付けた点数を集計する方式で実施され、4日間で1431名の食のプロが審査に参加。冨士冷菓さんは「フーデックスジャパンは世界のバイヤー・流通関係者や食品のプロの方々が対象のイベントなので、プロの方々に評価されましたことにとてもうれしく、またありがたく思っております」と喜びを語っていらっしゃいます。

なお、獺祭酒粕あいすは冨士冷菓さんのほか、旭酒造と東京・京橋駅前ローソンの函館コーナーでも購入できるとのことです。

【参考リンク】
冨士冷菓
旭酒造
ご当地アイスクリームグランプリ結果発表

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク