【2016/5/21終了】箱館五稜郭祭「土方歳三コンテスト」でNCV高橋アナ優勝

スポンサーリンク

2016年5月21日(土)に開催された第29回箱館五稜郭祭の土方歳三コンテストで、初出場の高橋ともみさん(ケーブルテレビ・NCVアナウンサー)が優勝に輝きました。

今年は、エキシビション1名を含む21名が参加。準優勝は福岡県から参加した宮崎準也さん、3位に当たる「箱館五稜郭祭賞」には東京都から参加の杉田晴信さんが選ばれました。
160521hj04
▲左から、3位の杉田さん、優勝の高橋さん、準優勝の宮崎さん

ごくごく一部となりますが、入賞者3名の演技をこの記事でご紹介します。

▼3位・杉田晴信さん

160521hj46
▲普段は上野で人力車を引いているという杉田さん。さわやかさがこの上ない
160521hj48
▲刀を構えて敵に向かっていく姿も様になっている
160521hj54
▲官軍の剣客を斬り倒すも、最期はその屍の上に自分も倒れるという演出だった

▼準優勝・宮崎準也さん

160521hj24
▲土方コンテストの常連の宮崎さんは、毎年ユニークな演出で楽しませてくれる
160521hj27
▲馬に乗ったり(?)、なぜか犬を連れた西郷隆盛に出会ったり、長いゴムを口にくわえて離すゴムパッチンで敵を倒したりと、今年も観客を笑いの渦に巻き込んだ
160521hj31
▲今までは3位が自己最高位だったが、今年はエンターテイメントに徹している姿勢が評価されたのか、一つ順位を上げた

▼優勝・高橋ともみさん

160521hj07
▲高橋さんは札幌出身で、2015年3月にNCVに入社。昨年、撮影クルーとして現場に来て、初めて土方コンテストを生で見たという。そして今年は出場者として参加
160521hj17
▲演劇経験はあるが殺陣はほとんどやったことがなかったため、経験を積んだ方に指導を受けて練習を重ねたとのこと
160521hj19
▲死に際して達観した土方像を演じる人が多い中、最後の最後まで仲間のために生に執着し、無念の思いを抱いて息絶えた土方を熱演
160521hj20
▲迫力の演技に、惜しみない拍手が贈られた
160521hj94
▲受賞後のインタビューでは「やるからには優勝をねらっていましたが、まさか(本当に)行くとは思っていなかったので本当にうれしいです!」とコメント
160521hj03
▲出場者記念写真。着ぐるみの「ヒジカタ君」は、エキシビションとして出場
160521hj06
優勝者と準優勝者は、22日(日)の五稜郭祭パレードにも参加することとなっています。時間やコースなど詳細は箱館五稜郭祭公式サイトでご確認ください。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク