【2016/5/26】年に一度のファイターズ戦・函館開催のにぎわいレポート

スポンサーリンク

2016年5月26日(木)に函館オーシャンスタジアムで開催されたファイターズ対マリーンズの公式戦。昨年は雨で中止となったため2年ぶりの函館開催となりましたが、残念ながら試合は延長の末1対2で敗れました。


再三得点圏にランナーを進めながらもあと1本が出ない展開に終始し、もやもやが残る結果となってしまいましたが、始球式に北海道新幹線H5系のかぶり物の「函館はやぶさPR隊」が登場したり、試合後の移動に北海道新幹線が使われたことがニュースになったりと、函館らしい話題も残してくれました。

▲函館から次の試合場所に移動する機会がまた1年後しかないのが残念ではありますが……

▲新函館北斗駅では突然の選手たちの登場に驚いた人が多数いた模様

さて、年に一度の函館開催は、ファンにとってはお祭りのようなもの。平日にもかかわらず熱気にあふれていた試合開始前の球場周辺の様子をレポートします。

▼ファイターズガールとマスコット登場

160526f205
▲試合開始前の球場外にファイターズガールとマスコットが登場。ダンスなどのショーを繰り広げた
160526f121
160526f129
160526f138
160526f78
▲マスコットたちもファイターズガールと一緒に踊る。キタキツネの「フレップ」は今年から新加入。函館には初登場
160526f216
160526f83
▲観客から「何歳?」と質問され、「ファイターズマスコット4年目」と答える(ごまかす)ポリー
160526f88
▲ピアノの演奏ができるB・Bは、「レパートリーは何曲あるの?」との質問にデタラメな数を書いてボケる

▼物販テントなどが立ち並ぶ

160526f179
160526f156
▲公式グッズ販売コーナーには長蛇の列が
160526f162
▲新聞社のカメラマンが撮影した写真を販売するブース
160526f146
▲赤い羽根に募金すると、その額に応じてファイターズのグッズがもらえる
160526f149
▲記念撮影用ボード。かっこいい若手ばかりなので、なんとなくレアードを加えてみたい
160526f150
▲カードの新規入会でレプリカユニフォームなどをプレゼント
160526f152
▲ダスキンの新商品、ファイターズマット。大判で厚手なので使い勝手も良さそう。通常商品としてお店で常時取り扱うとのこと
160526f153
▲人気商品・北海道新幹線スポンジも販売されていた
160526f166
▲NCVとauのブース。新規契約などで直筆サイン入りグッズなどをプレゼント

▼キャラクターたちが歩き回る

160526f181
▲青森銀行「アオモ」
160526f05
▲北海道新聞「ぶんちゃん」
160526f06
▲NCV「チャネルヒカリ」
160526f04
▲行く先々で写真に応じるフレップ
160526f16
▲カメラにポーズをとってくれるB・B
160526f12
▲いつもファンに取り囲まれるポリー

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク