【レビュー】2016/7/9 第5回大門合同学生祭 

スポンサーリンク

大学の垣根を超えて、函館市内の学生たちが企画・運営するイベント「大門合同学生祭」。大門祭から名前が変わって今年で5年目となりました。今年の開催日は7月9日(土)と10日(日)。この記事では、1日目の9日の様子をご紹介します。

▼オープニング

160709dg31
▲ほくすいブラスによるBGMが流れる中、遺愛高校書道部による書道パフォーマンスで幕を開ける
160709dg01
▲1人1文字ずつ書いていく方式。筆先が力強く紙の上を走る
160709dg02
▲「大門でつながるごえん」。「ごえん」は今年の大門合同学生祭のテーマになっている

▼模擬店いろいろ

160709dg04
▲仙台から取り寄せた本場の「だだちゃ豆」使用のずんだ餡を使ったずんだ餅
160709dg32
▲普通のカップと、ずんだ餅のPRキャラクター「東北ずん子」のステッカーを貼ったカップのどちらかが選べる

160709dg08
▲ちょっと気になる「ヘルシーバーガー」
160709dg07
▲ヘルシーハンバーガーは、豆腐ハンバーグを照り焼きにしてはさんだハンバーガー
160709dg06
▲豆腐ハンバーガーを出品していたのは、途上国の学校給食を支援する取り組みをしている「TFT-Hakodate」の皆さん。ハンバーガーが1個売れると、途上国の1食分に相当する20円を途上国の学校給食に寄付する

160709dg10
▲夏の屋外イベントには欠かせない、かき氷
160709dg14
▲イカの鉄板焼きは次々と売れてゆき、前半で完売
160709dg05
▲白玉団子のメニュー名に「ペリー来航」?
160709dg18
▲たった1本しか注文しなくても丁寧に焼いてくれる、焼きとり
160709dg09
▲カップ入りチョコバナナ。カップには、ひとつずつ異なる手描きの絵が描かれている

160709dg13
▲熊本救援学生連合@函館の皆さん。熊本地震の被災地に募金をすると、「くまモン」がすくえるというブースを出展
160709dg12
▲スライムっぽい形状のくまモンがすくえる。すくったくまモンは持ち帰ってOK

160709dg28
▲東北の物産として、いろいろなパッケージの南部せんべいを販売するブースも
160709dg30
▲なかなか味がある、版画のパッケージ入り南部せんべい
160709dg29
▲耳の形の入れ物にせんべいの耳が入っているという商品

160709dg11
▲レーザーカッターで切り抜いた合板やアクリルをお好みでデコレーションしてマグネットにする体験コーナー
160709dg17
▲マスキングテープなどを駆使して、おしゃれなマグネットが作れる

160709dg22
▲レザークラフト体験をはじめ、いろいろなものづくり体験ができる「モノクラ」のブース

▼ステージイベントほか

160709dg23
160709dg24
▲初日はアカペラやダンスショーなどで会場を盛り上げた
160709dg25
160709dg26
▲カッコいい振付がキマると、観客から声援が飛ぶ

160709dg19
▲NCVキャラクター「チャネルヒカリ」が会場に登場!一緒に写真を撮ってSNSに載せるとトートバッグがもらえるという企画を実施
160709dg21
▲みんなで協力しながら、ちぎり絵で東北・北海道を表現する企画

160709dg20
10日(日) の大門合同学生祭は10:00~16:30。詳細情報は大門合同学生祭サイト、または大門合同学生祭Facebookでご確認ください。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク