【写真集】2016/8/8 第009回はこだて国際民俗芸術祭

スポンサーリンク

8月5日(金)から7日間の日程で開催されている「第009回はこだて国際民俗芸術祭」(会場:元町公園ほか)。折り返しを迎えた4日目、8日(月)の様子を撮影した写真をまとめました。この日は、会期中にただ一度しか行われない大道芸人のパレードが行われました。

160808wm24
▲メインステージ客席後方からの景色

▼パレード

▼ドイツのブラスバンドチーム「ヘルマン・ヘッセ・バンド・カルフ」が先導。メインステージ客席の上段からスロープを通り、下へと降りてくる
160808wm14
▼その後ろに、大道芸人たちがそれぞれの衣装で続く
160808wm15
160808wm16
▼パレードはサブステージ前で終了。大道芸人たちが勢ぞろい160808wm18
160808wm19
▲いつの間にか、演奏者の中にちゃっかりとまぎれこんでいるピエロ

▼この日が初日の大道芸人2組

▼長野県からやってきたパフォーマー「健山(けんざん)」。週末ヒロインならぬ、「終末キモイン」を自称し、ももクロ的なアイドルになりきったパフォーマンスを繰り広げる
160808wm04
▼アイドルになりきっていてとにかくおもしろい。全編笑いどころばかり
160808wm05
▼完成度の高いエビぞりジャンプが炸裂!!
160808wm06
▼難易度の高いバランス芸も披露。すごいことを次々に繰り出すのに、とにかく観客大ウケ
160808wm07
▼クライマックスではこんな超危険な技を披露。この状態で踊りだすので、「わーこわいこわい」と心配の声があちこちから上がる(でも平気)。観覧した人からは、「こんなに笑ったのは久しぶり」など、絶賛の声が聞かれた
160808wm08

▼歌いながらバルーンアートを作る「バルーンパフォーマー★ミハル★」
160808wm01
▼歌で観客を作品の世界観に連れて行ってくれるので、ほかのバルーンアートと一味違う。子どもたちからの人気もすごい
160808wm02

▼公会堂前ステージ

▼旧函館区公会堂前に設けられたステージ(ユ―ドラステージ)でも、毎日何組かの出演者による演奏やダンス、大道芸の上演が行われている。この日はロシアの伝統舞踊団「ドルジバ」がこのステージに登場
160808wm40
160808wm39
160808wm38

▼もぐフェス

▼世界の料理と雑貨が集まる出店ゾーン。そのにぎわう様子をどうぞ
160808wm20
160808wm22
160808wm23
160808wm26
160808wm27
160808wm28
160808wm29
160808wm31
160808wm32
160808wm34
160808wm35

入場料など/元町公園会場は「パス」が必要(中学生以下は不要)。当日有効の「ワンデイパス」は平日1000円・土日祝2000円。公会堂前とペリー広場はパス不要。

【公式情報】はこだて国際民俗芸術祭

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク