【写真集】2016/8/9 第009回はこだて国際民俗芸術祭

スポンサーリンク
スポンサーリンク

8月5日(金)から7日間の日程で開催されている「第009回はこだて国際民俗芸術祭」(会場:元町公園ほか)。残すところこの日を入れてあと3日となった、9日(火)の様子を撮影した写真をまとめました。この日は、2013年に出演し、あっという間にみんなの心を鷲づかみにした「ハッチハッチェルバンド」がパワーアップして3年ぶりに芸術祭のステージに帰ってきました。

▼ハッチハッチェルオーケストラ

▼公式プロフィールによれば、「『デタラメインチキ紳士』でおなじみのハッチハッチェルが ポンコツ仲間たちと作り上げる極楽ワールド楽団」。ちょっと怪しげなボーカルのハッチハッチェルさんのキャラクターが反映された、底抜けに陽気な音楽を聞かせてくれる
160809wm23
▼3年ぶりの芸術祭のステージを心待ちにしていた人も少なくなく、序盤から盛り上がりを見せる
160809wm13
160809wm25
160809wm26
160809wm15
▲ノリのいい曲が多く、楽しいステージ。前列だけでなく、客席の後ろのほうまで一体となって盛り上がった

▼その他、この日が初日の出演者(一部)

▼札幌在住のケニア人とセネガル人で構成されたグループ、「パーカッションユナイツ」。激しく力強いリズムが夏空に響き渡る
160809wm09
160809wm19
160809wm20
160809wm21

▼東京からの参加、ギターパンダ。当初はパンダの着ぐるみで演奏したが、撮影に向かった際にはすでに人間の姿に戻っていた
160809wm18

▼環境保全や平和などへのメッセージ性の強い歌を歌う「みづほ×マサート」
160809wm11

▼大道芸人

▼この日から、こまの世界大会での上位入賞経験を持つパフォーマー「こまのたけちゃん」が芸術祭に登場
160809wm01
▼扇子の上にこまを立てて回すなど、難易度の高い技を次々に成功させる
160809wm02
▼日本刀(模造刀)の刃の上でこまを回すという曲芸も
160809wm17

▼ピエロのぐっち。会場内を巡ってバルーンアートを作るパフォーマンスをしたり、ふざけたことをして来場者を笑わせたりするスタイル
160809wm10
▼写真を撮られるのは結構好き(みたい)。※この写真だけ8日撮影
160808wm03

▼ジャグリングを中心に、笑いの要素を取り入れた独自のパフォーマンスを見せるブライアン・ホルス
160809wm07

▼8日から登場した「終末キモイン」健山は、出演2日目も大勢のお客さんの歓声と手拍子を集めた
160809wm05
160809wm06

入場料など/元町公園会場は「パス」が必要(中学生以下は不要)。当日有効の「ワンデイパス」は平日1000円・土日祝2000円。公会堂前とペリー広場はパス不要。

【公式情報】はこだて国際民俗芸術祭

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク