【写真集】2016/8/10 第009回はこだて国際民俗芸術祭

スポンサーリンク
スポンサーリンク

8月5日(金)から11日(木・祝)まで、7日間の日程で開催されている「第009回はこだて国際民俗芸術祭」(会場:元町公園ほか)。ラスト2日間となった、10日(水)の様子を撮影した写真をまとめました。この日は、芸術祭の発案者であり運営の中心メンバーでもある地元・函館の「ひのき屋」がメインステージに出演し、超満員の観客を集めました。

▼ひのき屋

▼ひのき屋の出演時刻が近づくにつれて場内の混雑が激しくなり、階段客席も空きがないほどびっしりと埋まった。ステージに登場すると、大きな拍手と歓声が湧き上がる
160810wm21
160810wm20
160810wm19
160810wm17
160810wm18
▼手を大きく動かしたり、タオルなどを空中に放り投げたりする曲も。ステージと満員の客席とが一体となって盛り上がる
160810wm04

▼その他のアーティスト

▼芸術祭の初期からたびたび主演しているバンドゥーラ奏者のカテリーナ(ウクライナ)と、初出演となる琴奏者・久松彩子のユニット。美しく澄んだ音色が響き渡る
160810wm07
160810wm08
160810wm09

▼ザッハトルテ

▼京都を拠点に活動する3人組のインストゥルメンタルバンドが、芸術祭のステージに帰ってきた。過去2回の出演時は2回とも雨に見舞われたが、今年は「ザッハトルテが来ると雨が降る」とのジンクスを払拭。チェロ、ギター、アコーディオンの編成で、現代風でありながらどこか懐かしさを感じさせる音楽を聴かせる
160810wm10 160810wm13 160810wm12 160810wm11

▼ボギヨギ・アーナンダ・イクスプレス

▼北インドの楽器などを用いた独自の音楽を発信する、「言霊と音霊と舞いのユニット」
160810wm01
160810wm16
160810wm15
160810wm14

▼ギターパンダ

▼その名の通り、この姿でステージに登場。この見た目に似合わぬロックンロールを奏でる
160810wm22
▼マイクは口の中に入れるスタイル
160810wm23
▼結構序盤で、「ギターパンダの中身は山川のりを」と本名(正体?)を明かしてしまい、のりをくんの歌を歌い始める
160810wm24
▼観客の声援に「こちらこそイェーイ!」「こちらこそイェーイ!」とレスポンスを繰り返し、「長くなりそうなんで」と締めるのがお約束
160810wm05
▼途中でパンダを脱ぎ捨て、プレスリー的なスタイルに変身
160810wm25
▼みんなでノレる音楽と、自然と観客を盛り上げる話術。パンダじゃなくなっても観客の熱い支持を集める
160810wm06

入場料など/元町公園会場は「パス」が必要(中学生以下は不要)。当日有効の「ワンデイパス」は土日祝2000円。公会堂前とペリー広場はパス不要。

【公式情報】はこだて国際民俗芸術祭

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク