【レビュー】2016/7/30 鉄道貨物フェスティバルin函館2016

スポンサーリンク

2016年7月30日(土)にJR貨物の函館貨物駅で開催された「鉄道貨物フェスティバルin函館2016」の様子を写真でご紹介します。

このイベントは、普段立ち入りできないJR貨物の函館貨物駅敷地内で、電気機関車の見学やディーゼル機関車の添乗を中心に、鉄道に関する展示や鉄道グッズの販売などを行うものでした。

▼エアー式のゲートをくぐり、両脇にコンテナが積まれた通路を通って敷地内へ
1607jf01
▼入場時にクリアファイルがもらえた
1607jf02
▼イベント会場
1607jf03

▼機関車・客車展示

▼運転室に来場者を乗せ、構内線を走行したDF200形式ディーゼル機関車
1607jf26
1607jf36
1607jf37

▼EH800形式電気機関車では、停車した車内の見学ができた
1607jf22
1607jf39
1607jf38

▼道南いさりび鉄道の「ながまれ号」も展示。車内の見学もできた
1607jf24
1607jf45
1607jf47
1607jf48
1607jf46

▼展示・体験など

▼H5系ミニ新幹線
1607jf40
▼こちらはミニ貨物列車
1607jf27

▼鉄道部品販売コーナー
1607jf28
1607jf29

▼冷蔵と冷凍ができるコンテナに入ってみる体験。この日はかなり暑かったため、コンテナに一歩入るだけでひんやりして涼しい。最大マイナス25度にまで冷やせるという
1607jf31
1607jf30

▼こちらは、コンテナにどんな荷物をどのように積むかを展示しているコーナー。引っ越しや宅配の荷物などはこうして積まれている
1607jf32
1607jf33

▼コンテナをそのまま持ち上げることができるリフト(黄色い機械)。実演も行われた
1607jf34

▼通常のコンテナだけでなく、台車にステンレスタンクが載った特殊な車両もある。側面には「練乳専用」の文字が
1607jf35

▼函館有斗高校のマーチング演奏
1607jf44
次のページでは物販の様子などをご紹介します

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク