【レビュー】2016/9/18 NCVサンデーマーケット

スポンサーリンク

2016年9月18日(日)に函館市桔梗町のニューメディア函館センター(NCV社屋)にて開催されたイベント「NCVサンデーマーケット」の様子をご紹介します。

ケーブルテレビとインターネットでおなじみのNCVによる年に一度の感謝祭的なイベントで、今年はアナウンサーの皆さんによる各種企画も実施されました。

▼屋外会場

▼NCV社屋前の駐車場スペースに出店ブースと休憩スペースを配置。イベント開始時刻の15分前にはすでに100人超と思われるお客さんが来場し、予定時刻より少し前に販売などが始まった
1609ncv16
▼場内を巡回しつつリポートやアナウンスを行っていた相庭美華アナウンサー。函館イベント情報局をご覧の皆さまに向けて「来年もぜひ来てくださいねー」と笑顔でPR
1609ncv37
▼NCVキャラクターのチャネルヒカリとLINEでお友だちになると、先着300名にチョコバナナをプレゼント!というコーナー
1609ncv17
1609ncv21
▼アンケートに答えるだけで、商品券などが当たる抽選会にも参加できちゃう!
1609ncv22
▼こちらは毎年恒例の人気コーナー、七飯・北斗の生産者さんによる野菜直売
1609ncv09
▼思わず目を疑う安さ
1609ncv05
▼値段は安くても、しっかりと太くて青々とした新鮮な長ネギ
1609ncv06
1609ncv07
▼最近は1玉100円近くするのが当たり前になりつつある玉ネギもお安く販売。しかもなかなかの大玉
1609ncv08
▼美鈴珈琲のブースでは、コーヒーの振る舞いを実施
1609ncv13
▼コーヒーインストラクターの資格を持つ木村優佳アナウンサーが来場者にコーヒーをお届け
1609ncv11
▼コーヒー豆やコーヒーキャラメル、コーヒー飴などの販売も
1609ncv10
▼美鈴珈琲の方によるコーヒーの淹れ方実演も行われた。注ぎ口が太いやかんなどでお湯を注ぐと酸味が出る一方で味が薄くなってしまうので、なるべく口の細いもので注ぐと良いとのお話
1609ncv23
▼今年の土方歳三コンテストで初参加ながら優勝を果たした高橋ともみアナウンサーは、ファイターズのレプリカユニフォームで登場
1609ncv20
▼ファイターズガールが踊る「YMCA」の振り付けを高橋アナがレクチャーしつつ、最後にみんなで一緒に踊ろうという企画
1609ncv19
▼チャネルヒカリも意外と結構踊れる
1609ncv42
▼ガラポン抽選でおもちゃが当たるミニ縁日コーナー「ブルートイ」
1609ncv24
▼移動販売車3台がフード販売で出店
1609ncv25
▼「想作たこ焼き ひとふね」さん
1609ncv02
▼「Jonnyの手羽先」さん
1609ncv01
▼「Kemal」さん
1609ncv40
▼おなかが空いたのでケバブをひとつ。あふれんばかりのお肉が入っていて、ソースも美味
1609ncv41
▼チャネルヒカリの顔出しパネル!
1609ncv14

▼屋内会場

▼玄関からNCV社屋に入ると、AUのキャンペーンスタッフが笑顔で出迎えてくれた
1609ncv38
▼釣り番組「釣りバカZ」に出演する釣り人、浜ちゃんとスーさんが教える「ブラー作り体験」
1609ncv12
▼ブラーとは、ルアーに似た仕掛けの一種。シールを貼ったり色を付けたりして、オリジナルのブラーを作り上げる
1609ncv35
1609ncv36
▼相庭アナの絵本読み聞かせコーナー。楽しい絵本がいろいろ
1609ncv27
▼こちらは、普段番組の収録が行われているスタジオ
1609ncv33
▼展示されているのは、岩田綾子アナウンサーが番組で撮影した函館山の植物の写真
1609ncv28
▼岩田アナご本人は写真展示のすぐ横で、キャスター席に座ったお子さまをテレビカメラで撮影中 ※テレビ画面に映ったお子さまのお顔は画像加工させていただきました
1609ncv32
1609ncv29
▼プラ板でキーホルダーづくりのコーナー。チャネルヒカリの絵をなぞって描いても、オリジナルの絵を描いてもOK
1609ncv30
▼絵を描いたプラ板をオーブントースターで熱して縮小させて完成
1609ncv31
▼AUのPRブースを撮影していたら、釣り人のスーさんが乱入(笑)。せっかくなので「NCV」のロゴの下で記念撮影
1609ncv39
▼壁一枚隔ててすぐそこの屋外会場の様子が屋内のテレビに中継されているのが、テレビ局らしくて楽しい
1609ncv34

【寸評】アナウンサーの皆さんと「浜ちゃん&スーさん」の企画は、どれもそれぞれの特性を活かした感じがしてとても良かった。毎年企画を立てるのは大変だと思うが、この方向性が続くと楽しいと思う。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク