【レビュー】2017/2/4・5 第51回大沼函館雪と氷の祭典(七飯町)

スポンサーリンク

2017年2月4日(土)・5(日)開催の「第51回大沼函館雪と氷の祭典」に行ってまいりました。なお、一部報じられた建物の壁が崩れた事故については、それが起きる前に会場を後にしていたため居合わせていません。けがをされた方が早期に回復されるように願っています。

▼「大沼函館雪と氷の祭典」の名物、大沼の氷で作った全長約20mのすべり台
170204ioy08
▼かなり勢いよくすべる
170204ioy11
▼すべり台の上に立つと、右手に駒ケ岳が見える
170204ioy15
▼小さいお子さま用に、ミニサイズのすべり台も
170204ioy38

▼会場には、地元の小中学生が作ったミニ雪像や大人が作った雪像が並ぶ170204ioy02
170204ioy25
▼かなり人気を集めていた、ジョーズの雪像。ちょうど人が口に入れるようになっているため、記念撮影する人が多かった
170204ioy39
170204ioy44
170204ioy45
170204ioy46
▼新幹線車両基地がある町にふさわしく、北海道新幹線H5系の精巧な雪像も登場
170204ioy56
▼シロハヤブサがモチーフの北海道新幹線のエンブレムまで再現。ものすごく芸が細かい
170204ioy59
▼今年は氷像(アイスカービング)も北海道新幹線だった
170204ioy35

▼フード販売

▼公園前には露店が立ち並ぶ
170204ioy26
▼公園向かいの駐車場にも何軒か出店がある
170204ioy29
▼函館一帯ではおなじみの「箱館移動販売促進連合会」からも出店が
170204ioy30
▼今年は七飯町の姉妹都市・香川県三木町からも出店があり、本場のさぬきうどんを1杯300円で販売した(5日は販売中止)
170204ioy22
170204ioy23

▼事故について

▼テレビニュースの映像によると、園内にある和服レンタルの店のモルタル壁が崩れた模様。ちょうど、紋付はかまが飾ってある真上の壁がはがれ落ちた
170204ioy37
▼この和服レンタル店は、無料休憩所と同じ建物。この写真にもはがれる前のモルタル壁が写っている(右上のココア色の部分)
170204ioy36
この事故を受けて、同一建物内で調理・販売していたさぬきうどんは5日は販売を取りやめることに。ミニ雪像コンクール表彰式なども中止と発表された。

▼ニュースリンク(短期間で見られなくなります)
NHK北海道
日本テレビ

▼主催者による発表

▼開催情報はこちら

【2017/2/4・5】第51回大沼函館雪と氷の祭典(七飯町)
イベント名/第51回大沼函館雪と氷の祭典 開催日/2017年2月4日(土)・5日(日) 両日とも9:00~ 会場/大沼公園広場 ...
The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク