【レポート】2017/3/17オープン! 北斗市観光交流センター別館「ほっくる」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年3月17日(金)グランドオープンの「北斗市観光交流センター別館『ほっくる』」。北海道新幹線開業1周年を目前にして、新函館北斗駅前における待望の商業施設としてオープンしました。

いち早く施設の様子をお伝えするべく、13日と14日に行われたプレオープンで館内の様子を撮影してきました。お出かけの参考にしていただければ幸いです。

なお、17日のグランドオープン当日は500円買い物するたびに1回抽選できる抽選会が行われます(商品がなくなり次第終了)。下のチラシをご参照ください。
1703e15

▼施設外観。1階が物販・飲食施設で、2階から上は宿泊施設「ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗」になっている
170314hk59

▼新函館北斗駅からは徒歩1分もかからない。駅隣接の立体駐車場からは、裏口まで屋根が付いているので雨の日や冬でも安心
170314hk63

◆全17店舗を紹介!

▼NORTH SAKE&WINE 酒舗 稲村屋
全17店舗の中でも、かなり強いコンセプトを貫いている酒屋さん。福島町・イ印稲村商店による出店
170314hk43
▼売り場内でひときわ目を引く、ワインの有料試飲販売機。イタリア・enomatic社の製品
170314hk52
▼1000円分がチャージされたプリペイドカードを機械に差し込んで好きなワインのボタンを押すと、30mlのワインがグラスに注がれる方式
170314hk45
▼銘柄によって1回分の試飲の価格が異なるが、ほとんどは100円か200円
170314hk46
▼試してみたい場合はお店のスタッフに声を掛けて先払いすることになる
170314hk44
▼有料試飲できるワインのほかにも、北海道内各地のワインが店内にずらりと並ぶ
170314hk51
▼ワインと合わせるチーズも道内産
170314hk47
▼栗山町「北の錦」、根室市「北の勝」、小樽市「宝川」など、ほかではなかなかお目にかかれない道内の地酒もそろう。焼酎や地ビールも道内の珍しい銘柄を取りそろえる
170314hk48
170314hk49
170314hk50
170314hk53

▼Berry5
北斗市「ジョリクレール」の新業態店。5種類のベリーを使ったケーキやタルトなどを販売する。イートインスペースもあり
170314hk01
170314hk02
170314hk03

▼おんじき庭本 北斗駅前店
函館空港でもおなじみのラーメン店
170314hk04

▼一印 青山水産
函館朝市(駅二市場)にも出店しているイカ珍味のお店。この施設では、珍味販売に加えてイカ釣堀も営業する
170314hk54
170314hk07
170314hk06

▼道産子ザンギ
特製のタレをかけて食べる知床鶏のザンギと、12種類ものイモを使ったフライドポテトを販売。イートイン可
170314hk08
170314hk09

▼我流焼きそば はないち
麺の量とトッピングを選ぶ方式の焼きそば店。麺は200gから100g刻みで1kgまである
170314hk12

▼高砂屋 金澤
函館近辺の一般的な土産品をそろえたお店
170314hk13
170314hk16

次のページへ

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク