【2017/3/18~5/14】はこだてみらい館「手塚治虫と描くみらい展」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2017/3/19追記】
レビューを掲載しました

【レビュー】2017/3/18~5/14 はこだてみらい館「手塚治虫と描くみらい展」
函館駅前の複合ビル「キラリス函館」3階にある「はこだてみらい館」で3月18日(土)から5月14日(日)まで開催される「手塚治虫と描くみらい展...

イベント名/手塚治虫と描くみらい展

開催日時/2017年3月18日(土)~5月14日(日) 10:00~20:00(入館は19:30まで) ※4/12と5/10は休み

会場/はこだてみらい館 (函館市若松町20-1 キラリス函館3階)

入館料/大人600円、小中高生300円、未就学児無料

イベント内容/手塚治虫をテーマにした展示会。詳細下記。

▼展示
・パネル展示……手塚治虫の紹介(生誕からマンガ家、アニメーターへの道のり、創作活動)
・ギャラリー……手塚治虫の描いた未来(作品の中で描いた未来、複製原画)
・手塚マンガライブラリー……手塚治虫マンガ閲覧スペース
・キャラクター立像(アトム、レオ 、ピノコ)
・キャラクタータペストリー&バナー掲示

▼シアター特別上映
3月18日(土)~20日(月・祝)
作品名とスケジュールはこの記事一番下の埋め込み画像参照

▼ワークショップ
・円盤型のアニメ玩具「ソーマトロープ」づくり
・レーザーカッターで手塚キャラクターづくり

▼その他
・新作「アトム ザ・ビギニング」プロモーションビデオ館内上映
・キッズプラザとみらい館両館でスタンプラリー実施

◆初日のみのイベント

▼オープニングセレモニー
時間/10:30~10:50
内容/函館市内小学生による2050年の函館に向けたメッセージの朗読、2050年の函館や自分に向けたメッセージを描く「 2050函館ウォール」へのメッセージの書き込み、手塚プロダクション著作権事業局の清水義裕局長による開催あいさつなど。

▼特別基調講演
時間/13:00~
場所/シアター
演題/「手塚治虫が描いた未来」 ~マンガの神様・手塚治虫が作品中で描いた未来とは?~
話し手/手塚プロダクション著作権事業局局長 清水義裕
定員/60名
参加無料(入館料別)

【特設サイトOPEN】

企画展「手塚治虫と描くみらい展」
〜2050年、函館への旅〜

パネル展示のほか、アニメ上映、
アニメーションワークショップ、
アトム・スタンプラリー等を実施予定!

■会期:3月18日(土)〜5月14日(日…

はこだてみらい館さんの投稿 2017年3月15日

【スペシャルな3日間!】

企画展「手塚治虫と描くみらい展」
〜2050年、函館への旅〜

2016年10月に開館した、はこだてみらい館。
開館以来初の大型イベントとなる今回の企画展を、初日から3日間、スペシャルな内容でお祝いします!…

はこだてみらい館さんの投稿 2017年3月16日

【イベント公式サイト】手塚治虫と描くみらい展
【施設公式サイト】はこだてみらい館

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク