【レビュー】2017/3/18 道の駅しかべ間歇泉公園オープン1周年記念感謝祭(鹿部町)

スポンサーリンク

道の駅しかべ間歇泉公園のオープン1周年を記念して2017年3月18日(土)に開催された記念感謝祭に行ってまいりました。

▼道の駅駐車場にフード販売のテントが並ぶ
170318sk01

▼イベントの目玉は、温泉の蒸気で蒸した鹿部産ホタテの振る舞い。2,000枚が大放出された
170318sk18
▼蒸し釜は、道の駅オープン時から常設されているもの。普段は道の駅の中で食材を買い求めると無料で使うことができる
170318sk02
▼蒸し時間は15~20分。じっくりと蒸し上げたホタテは、温泉の湯気による塩味がついておいしい
170318sk16

▼この日だけのフード販売コーナーも充実
170318sk07

▼鹿部産真ツブは、シンプルに焼きで提供
170318sk04
▼おでんにもツブ串が。おでんのツブはだいたい固いことが多いが、これはとても柔らかくて美味
170318sk06

▼鹿部特産の甘エビをからりと揚げた甘エビ唐揚げ。
170318sk21
▼普段口にしている甘エビとのあまりの違いに驚くうまさ。殻のサクッとした食感もいい170318sk22

▼イベント限定の鹿部甘えびラーメン。獲れたての甘エビを中華鍋でサッと炒め、とんこつ系のスープを注ぐ
170318sk24
170318sk25
▼まさにエビだらけ。とんこつ系のスープと甘エビは意外にも相性抜群。互いの味を打ち消さず、かえって旨みの幅を広げている
170318sk27

▼鹿部産タコのたこ焼きも
170318sk13

▼道の駅屋内の常設の売り場も盛況 。特産のたらこをはじめ、水産加工品をたくさん購入する人が目立った
170318sk11

▼鮮魚店「こいたのさかな屋」には、大きな真ツブや真タラ、甘エビなどが並んだ
170318sk08
170318sk10
170318sk12

▼この日は間歇泉公園を無料開放(通常は大人300円・小中学生200円)。約10分間隔で勢いよく温泉が噴き上がる光景は、何度見ても興味深い
170318sk34

▼1周年企画として、足湯に浸かりながらピンポン玉をつかみ取りするゲームが行われた。つかんだピンポン玉の数だけ、生卵がもらえるというルール 170318sk32

【寸評】鹿部町のイベントは、安くて量が多く、しかも飛び切りおいしいフードを販売してくれるのがうれしい。特に甘エビは、これを食べるために何度も足を運ぼうと思える逸品。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク