【2017年版】函館と周辺の定番・穴場お花見スポットまとめ

スポンサーリンク
五稜郭

今年もいよいよ道南にお花見の時期がやってきます。函館市の桜開花予想日は、日本気象協会によれば4月25日(火)。満開予想日はゴールデンウィークの谷間の5月1日(月)です(4月19日発表)。満開宣言が出てからも1週間ほどは咲いていることが多いため、今年はちょうどよく連休期間中に見ごろがはまりそうです。

函館イベント情報局では、今年も函館市内と近郊の桜名所をまとめてみました。お出かけ・お花見の参考にどうぞ。

▼五稜郭公園

五稜郭公園

函館で最も有名なお花見スポット。約1600本の桜がお堀の外と内側に植えられている。函館で職場や団体、学生同士のお花見といえば五稜郭公園と相場が決まっている。お花見期間は一部の場所で夜間の電飾が行われるほか、火気の使用が認められている。

▼函館公園

函館公園露店

函館公園露店

園内に約400本の桜が点在。お花見期間は一部の場所で火気の使用が認められているほか、露店が立ち並ぶ。

▼桜が丘通り(桜ヶ丘通り)

桜が丘通り

住宅街にある桜並木。約100本の桜が800mにわたって植えられており、満開時には見事な桜のトンネルとなる。座ってお花見をする場所ではないので、通行する車に注意しながら歩いて鑑賞することになる。

▼笹流ダム前庭広場

笹流ダム

穴場として市民に親しまれているお花見スポット。バットレスダムという珍しい方式のダムの前庭に、ソメイヨシノをはじめとした複数の種類の桜が植えられており、ジンギスカンなどをして楽しむ人が多い。ファミリー層の利用が多い。

▼新中野ダム(ダム公園)

新中野ダム

笹流ダムよりさらに奥へ進んだ場所にあるダム。ダムの水を利用した水場が設けられており、水と桜、起伏のある芝生とが織り成す景色が楽しめる。

▼石崎地主海神社

石崎地主海神社

神社の参道両脇にびっしりと八重桜(南殿)が咲く。ソメイヨシノが散ってからが見頃。

▼法亀寺しだれ桜(北斗市)

14sakurakairo01

お寺の境内に堂々とそびえる一本桜。推定樹齢300年で、高さは約12m。夜間はライトアップされる。詳しくは別記事参照

▼大野川沿い桜並木(北斗市)

14sakurakairo07

約300mにわたってソメイヨシノの並木が続く。若い木が多く、枝ぶりや花の付き方が美しい。夜間はライトアップされる。詳しくは別記事参照

▼清川千本桜(北斗市)

北斗桜回廊・清川千本桜

北斗桜回廊・清川千本桜

道道96号沿い、約1.8kmにわたって続く桜並木。文字通り1000本の桜が植えられているという。鑑賞のための停車スペースは特にないので、走りながら楽しむしかない。

▼松前藩戸切地陣屋跡(北斗市)

北斗桜回廊・松前藩戸切地陣屋

北斗桜回廊・松前藩戸切地陣屋桜並木

道道96号から戸切地陣屋跡へ向かう道の両側約800mにわたり、桜の巨木が連なる桜並木となっており、満開時には大きな桜のトンネルになる。4月29日(土)から5月14日(日)まで、炭・網・七輪などのセットを500円で貸し出すので、食材だけ持っていけば手ぶらでバーベキューができる。

▼松前公園(松前町)

松前さくらまつり

250種1万本の桜が1ヶ月間にわたって咲き続ける、道南屈指の桜の名所。珍しい種類の桜や遅咲きも多いので、ソメイヨシノを見逃してしまってもお花見が楽しめる。

▼オニウシ公園(森町)

オニウシ公園

道の駅「YOU・遊・もり」の裏手に広がる公園に、約500本の桜が咲く。

▼青葉ヶ丘公園(森町)

青葉ヶ丘公園

青葉ヶ丘公園

約1000本の桜が整然とした姿を見せるお花見スポット。お花見期間には屋台が立ち並び、手ぶらでジンギスカンも楽しめる。

関連記事
【2017/4/29~5/14】桜ライトアップ「北斗桜回廊」(北斗市)
イベント名/北斗桜回廊 開催期間/2017年4月29日(土・祝)~5月14日(日) ※開花状況によって変動する可能性あり 場所/...
【2017/4/29~5/14】第70回松前さくらまつり(松前町)
イベント名/第70回松前さくらまつり 開催期間/2017年4月29日(土・祝)~5月14日(日) 会場/松前公園一帯など ...
【2017/4/30】第21回北斗陣屋桜まつり(北斗市)
イベント名/第21回北斗陣屋桜まつり 開催日時/2017年4月30日(日)11:00~15:00 ※雨天中止 会場/松前藩戸切地...
2017年、函館公園の露店と五稜郭公園の花見電飾はいつからいつまで?
桜の開花時期に合わせて、今年も函館公園の花見屋台と五稜郭公園の花見電飾が始まります。 日本気象協会の4月19日の発表によれば、函館市の...
【お願い】函館イベント情報局が掲載した写真をダウンロードしてSNS等で使用したり、記事をコピペして自分の記事として投稿する方がいらっしゃるようです。函館イベント情報局が掲載している記事と写真は著作物であるため、当サイトはこうした行為を許可していません。イベントの告知に使用する際は当該記事へのリンクを使用してください。商業利用等で写真を使用したい場合はこちらのページをご確認ください。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク