【速報・写真84枚】4/22開業「シエスタ ハコダテ」の内部を徹底公開!

スポンサーリンク

▼無印良品

地上1~3階は、道内最大級の売り場面積を誇る無印良品。現時点では全国でもトップ5に入る広さとのことです。

雑貨や服飾・食品などを中心とした従来の無印良品に加え、素材の味を生かしたメニューを提供する「Café&Meal MUJI」が北海道・東北地区で初めて出店します。選りすぐりの書籍をくつろぎながら選べる空間「MUJI BOOKS」も道内初出店。クリエイターやデザイナーを招いたイベントや展示会、無印良品の専門販売員によるワークショップなどを行うコミュニケーションスペース「Open MUJI」も北海道で初めて設置されます。

▼1階




▼1階は食料品が多く並ぶ



▼自分の好きな香りを作れるコーナー


▼Café&Meal MUJI



▼2階

▼2階には衣料品が多く並ぶ

▼顧客から回収した古着を藍染した「Re MUJI」

▼自転車や三輪車まである

▼子どもが遊べるコーナーも




▼交差点側のカドには、休憩できるスポットが設けられている

▼ものすごく日当たりがいい席。本を読んだり、飲み物を飲んだりして良いとのこと。コンセントもある

▼3階

▼3階は家具類が多いフロア


▼「人をダメにするソファ」として知られる「体にフィットするソファ」も試せる


▼社長コメント


内覧会にともない、「シエスタ ハコダテ」を運営するSPC本町開発の布村隆二社長(写真)の会見も実施されました。以下、要旨です。

素晴らしい施設ができたので、純粋に楽しみ。「シエスタ」の名前の通り、自由にくつろぎに来ていただければと思う。もともと高校生たちが集まっていた場所でもあるので、若い子たちの集まる場所、あこがれの場所でありたいとの思いもある。オープン記念で丸井今井店と合同イベントを行うが、今後も共に盛り上げていきたい。

ディーン&デルーカがプロデュースした地下のフードマーケットも、道内最大級の無印良品も、地方都市のモデルとしての形なので、業界の中でも注目されているのではないか。ある意味観光名所にもなり得ると思う。

【公式サイト】
シエスタハコダテ
無印良品シエスタハコダテ

関連記事
五稜郭ダイエー跡に新築の複合ビル「シエスタハコダテ」はいつオープン?
【4月21日追記】21日に実施された報道向け内覧会の様子を記事にしましたので、そちらも合わせてご覧ください。 追記ここまで ...
函館Gスクエア内・GLAYレリーフとからくり時計公開!
2017年4月22日(土)に全館オープンを迎えた複合ビル「シエスタ ハコダテ」。地上4階にある函館市が開設した若者向けの多目的スペース「函館...
【2017/4/30】Gスクエアオープン記念 こけら落としイベント
イベント名/Gスクエアオープン記念 こけら落としイベント 開催日時/2017年4月30日(日)14:00~17:00 会場/Gス...
The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク