どこが変わった?「フォーポイント バイ シェラトン函館」徹底解説

▼夜景の見えるバー

13階の夜景バー「エステラード」。種類豊富なウイスキーやワイン、バーテンダーの特製カクテルなどを片手に函館の夜景が楽しめる。プロジェクションマッピングによる演出もあり、函館の夜をよりいっそう思い出深いものにしてくれる。

「フォーポイント」のロゴに使われている色をイメージした4種類のオリジナルカクテルもある。写真は海の色をイメージしたカクテル「オーシャン」。ライチリキュールの鮮やかなブルーと華やかなパープルの花びらがリゾートの雰囲気を醸し出す。

▼会議・宴会施設

会議室・宴会場は大小合わせて合計10室あり、仕切って使うことも可能。

▼リラクゼーション施設

13階にあるリラクゼーションルーム「リベッサ」。マッサージから老いるトリートメントまでさまざまなコースを用意。オイルトリートメントには、世界中で高い評価を得ている「ペボニア・ボタニカ」のオイルを使用する。

▼フロント

ブラウン系の色でまとめ、ダウンライトの照明と合わせて高級感を感じさせる造りに。フロント前のエントランスには、日本時間のほかにロンドン・ニューヨーク・北京の時間を表示した時計が並ぶ。

▼「フォーポイント バイ シェラトン」とは

アメリカに本社を置くマリオット・インターナショナル社のホテルブランドのひとつ。同社は122の国と地域で30ブランド、6000以上のホテルを運営しており、そのうち「フォーポイント バイ シェラトン」を冠するホテルは世界40カ国で220軒展開。日本国内においては、函館が初めてとなる。ちなみに国内2軒目の「フォーポイント バイ シェラトン」は、2018年秋に中部国際空港で開業予定。

フォーポイント バイ シェラトン函館
住所 函館市若松町14-10
電話 0138-22-0111
公式サイト http://www.fourpointshakodate.com/
The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク