現地発! 『ラブライブ!サンシャイン!!』2期第9話に登場した函館聖地まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年12月2日(一部地域は5日深夜)に放送されたアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』2期第9話「Awaken the power」に登場した函館市内の場所(聖地)の実際の風景を現地民が撮影しました。

同作品は静岡県沼津市を舞台に、スクールアイドル「Aqours」(アクア)として活動する9人の女子高校生たちを描く物語。第8話では、スクールアイドルの甲子園「ラブライブ!」の北海道地区予選にゲストとして招待された彼女たちがその開催地である函館を訪れました。第9話も引き続き函館が舞台となっています。この記事では、アニメに登場した場所の実際の風景をご紹介します。

第8話の聖地はこちら

現地発! 『ラブライブ!サンシャイン!!』2期第8話に登場した函館聖地まとめ
2017年11月25日(一部地域は28日深夜)に放送されたアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』2期第8話「HAKODATE」に登場した函館...
【注】画像の転載はおやめください(詳細は記事の最下部をご覧ください)

もくじ

1.函館国際ホテル
2.やきとり弁当
3.茶房 菊泉
4.ラッキーピエロベイエリア本店
5.函館空港
6.旧函館区公会堂
7.児童公園
8.FMいるか
9.函館山ロープウェイ
10.八幡坂

1.函館国際ホテル


▲「Aqours」のメンバーが宿泊したホテル。サブタイトルの背景画像として外観が登場した
※現在は耐震補強工事中のため、外観が異なります
函館国際ホテル公式サイト

2.やきとり弁当



▲函館地域にだけあるコンビニチェーン「ハセガワストア」の名物。注文を受けてから店内で焼き上げる。「やきとり弁当」という名前だが、豚バラ肉を使っている(北海道では豚肉を串に刺して焼いたものも焼きとりと呼ぶ場合が多い)。ホテルの客室で善子と花丸が食べていた。ちなみに「焼き鳥弁当」でも「焼きとり弁当」でもなく「やきとり弁当」が正しい表記

3.茶房 菊泉



▲第8話に続いて登場。第9話では看板や外観が描かれた

4.ラッキーピエロベイエリア本店


▲こちらも第8話に続いて登場。ルビィ・花丸・善子の3人が理亞と向かい合って座った席


▲4人が注文したのは、フライドポテトにミートソースとホワイトソースを掛けた「ラキポテ」とウーロン茶。作中にウーロン茶とはっきりとわかるカットはないが、同店によると作画資料として撮影されたのはウーロン茶だったとのこと。
なお、作中では紙コップで提供されていたが、実際はグラスで提供される。ただし、テイクアウトの場合は紙コップでの提供となる。また、店内での飲食の場合でも各種シェイクを注文すると紙コップで出てくるので、店内で紙コップを手にしたい方はこの方法を活用してみて
※上の写真は撮影用に紙コップで出してもらっています


▲理亞が書いた歌詞を花丸が読み上げるシーンで、カウンターの様子が一瞬描かれた


▲「ひねりも何もないわよね」との善子の台詞の直後に挿入された店内風景

5.函館空港



▼ルビィ・花丸・善子の3人が、理亞を励ますために函館に残ると他のメンバーたちに告げたシーンで登場

6.旧函館区公会堂


▲明治43年に公会堂として建てられた木造建築で、国の重要文化財に指定されている。作中では、架空のイベント「函館クリスマスイルミネーション」の出演者選考会の会場となった


▲公会堂2階の廊下。ルビィと理亞が審査の順番を待っていた場所


▲審査会場として作中に登場した2階の大広間。ルビィと理亞が扉を開けた瞬間に見えた眺め


▲大広間室内


▲大広間の一番奥にあるステージ。作中ではこのステージを背に審査員たちが座っていた


▲大広間の窓。花丸と善子はここから審査の様子をのぞいていた


▲大広間から出られるバルコニー。花丸が「函館聖泉女子高等学院」の制服を着た女子生徒2人に気付く場面に使われた

7.児童公園



▲審査会の後、ルビィ・花丸・善子と理亞が立ち寄った公園
※この場所は道路が大変狭く、またロードヒーティングのない急な坂道を上る必要があるため、冬季にクルマで行く場合は立ち往生する危険性があります。十分ご注意ください。また、民家のすぐ近くにあるため訪問の際はマナーをお守りください

8.FMいるか


▲函館山ロープウェイ山麓駅にあるコミュニティFM局のスタジオ。ルビィと理亞たちがライブ告知のためにラジオ出演した場面でこのカットが使用された


▲4人が座った席


▲スタジオ前の空間。ラジオ出演を終えた4人を「函館聖泉女子高等学院」の生徒2人が待っていたシーンで登場

9.函館山ロープウェイ


▲ダイヤと聖良がロープウェイで函館山山頂に上るシーンの直前に挿入されたカット




▲山頂展望台。山頂にやってきたダイヤと聖良をルビィと理亞が出迎え、クリスマスライブの招待状を渡すシーンの背景にこれらの風景が使われた


▲その様子を「Aqours」の残りのメンバーが見ていたのが右の一段高い場所。実際には冬季は危険防止のため立ち入りできない


▲山頂展望台から見た函館夜景。ルビィと理亞はこの夜景の前で「今の私たちの精一杯の輝きを見てください! メリークリスマス!」と声を合わせた

10.八幡坂


▲函館西高(作中では函館聖泉女子高等学院)からまっすぐ坂を降りた地点。この写真の背後は、第8話でルビィが泣いていた場所(函館西波止場裏)。作中では、坂が終わって道が平らになる地点のあたりで「Saint Aqours Snow」によるライブが行われた


▲ルビィと理亞が踊っていたのは、中央やや下に写っている横断歩道の上


▲作中と同じく、実際に後ろを路面電車が通過する
※この場所については、かなり離れた歩道上から望遠レンズを使うか、手前の信号が青になった瞬間に横断歩道上から撮影するかのどちらかでしか安全に撮影することができません。車道に出るのは大変危険なので、撮影の際はご注意ください

▼第9話に登場した函館聖地の地図

この記事に掲載した写真の撮影日:2017年12月3日~5日(一部写真と提供写真を除く)
写真提供:函館国際ホテル
撮影協力:ラッキーピエロ

【写真の二次仕様について】
当サイトは、商用・非商用を問わず、写真の無断転載をお断りしています。事前のご相談がないまま使用していることがわかった場合には、当サイト運営者もしくは代理人を通じて使用料を請求させていただきます(2015年と2016年に実際にありました)。転載を希望される場合は専用フォームからお問い合わせください。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク