3/23開業・七飯町「道の駅 なないろ・ななえ」内覧会リポート


建物の向かって左側は物販スペース。土産品や特産品、道の駅限定グッズなどが買えるほか、農産物直売コーナーも設けられるとのことです。


オープン時にはどんな商品が並ぶのか、楽しみです。


物販スペースの壁には、七飯町の歴史を解説したパネルが掲出されています。


物販スペースの奥が24時間トイレ。


女子トイレは手洗い場が壁際ではなく、島状になっているのが特徴。


また、手洗い場とは別に、化粧直しができるパウダーコーナーが完備されています。自然光がよく入るように設計されており、明るさも十分。


授乳室も女子トイレ内にあります。


こちらは男子トイレ。女子トイレ・男子トイレともに、順番待ちをする位置を示した足形が床に描かれています。非常にいいデザインです。


こちらは多目的トイレ。


トイレや授乳室とは別に、おむつ替えスペースも設けられています。子育てパパにうれしい仕様。


このほか、「地域交流スペース」と名付けられた部屋があります。従業員研修に使用しているとのことで内覧会では公開されませんでしたが、事前に撮影した写真がこちら(下)。


結構広いスペースの中に、キッチンが備え付けられています。道の駅主催で料理教室などの催しを開くほか、使用していない時は有料で貸し切ることもできるそうです。駐車場も広いので、いい貸しスペースになりそうです。


ドライブに疲れたお子さんものびのび遊べるキッズスペース。屋外にも子どもの遊び場が設けられるそうです。


大沼や駒ケ岳をイメージしたイラストを描いた自動販売機にも注目。こういうちょっとしたところでご当地感が感じられる仕掛けは、なかなかいいと思います。


▲店内マップ

「道の駅 なないろ・ななえ」は3月23日(金)10:00グランドオープン。当日は9:30から開業式典を行います。また、以下のイベントを実施します。

1.天狗堂宝船「ミルク餅」&ミネラルウォーター配布(先着777名)
2.ご当地キャラクター大集合
3.風船無料配布
4.道の駅記念切符配布
5.大沼鶴雅オーベルジュエプイ監修、はこだてわいんを使用した特製サングリアの振る舞い

24日(土)・25日(日)も、天狗堂宝船「ミルク餅」&ミネラルウォーター配布(先着100名)、風船無料配布、道の駅記念切符配布を行います。

道の駅 なないろ・ななえ
住所 七飯町字峠下380-2
電話 0138-86-5195
営業時間 9:00~18:00 ※季節により変動あり
定休日 12月31日~1月3日(予定)
ホームページ http://nanairo-nanae.jp/

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク