【フォトレポ・動画あり】第011回はこだて国際民俗芸術祭 2018/8/5

第11回目を迎えた「はこだて国際民俗芸術祭」の初日の様子をご紹介します。かなり有名になってきているのでご存じの方も多いと思いますが、元町公園をメイン会場に、世界各国や国内各地から函館を訪れたアーティストが民俗舞踊や音楽、パフォーマンスなどを繰り広げる屋外ライブイベントです。
▼開催概要

【2018/8/5~11】第011回はこだて国際民俗芸術祭
【追記】第011回はこだて国際民俗芸術祭のフォトレポを掲載しました。 【追記ここまで】 イベント名/第011回はこだ...

◆海外アーティスト

▼ロシア

▼スリランカ

▼フィリピン

◆国内アーティスト

▼デュオ・トーキョー・ソン



幅広いラテン音楽で会場を沸かせる。

◆大道芸&パフォーマー

▼ちゅうサン


チャップリンをリスペクトしたパントマイム芸。コミカルな動きで子どもたちも大笑い。

▼クラウン・チャッピー

ステージの合間や会場内に突然出没し、観客を巻き込んでみんなを笑顔にしてくれるピエロ。

▼けん玉師伊藤佑介


函館イベント情報局が今回イチオシするアーティスト。想像を超える技を次々に繰り出し、観客を熱狂させてくれる。通算10度のけん玉日本一に輝き、ギネス記録2つを樹立したという本物の実力派。

▼ボールド山田

銅像になりきってまったく動かない芸を披露する「スタチューパフォーマー」。時々いきなり動く。

▼油井ジョージ・ワンマンバンド

11種類もの楽器を1人で演奏するアーティスト。ギターを弾きながらハーモニカを吹き、さらにドラムを叩くなど、頭の中がどうなっているのか不思議すぎる。

◆動画

1日目の様子を約2分間の動画にまとめました。

◆場内風景

会場となっている元町公園の中には、世界の料理や雑貨などを販売する露店がぎっしりと立ち並んでいます。


 

はこだて国際民俗芸術祭メイン会場の元町公園会場は、入場パスが必要です。当日有効なワンデイパスは平日1,000円、最終日の11日(土)は2,000円です。当日会場入口で購入できます。高校生以下には、当日限り有効の無料パス「げんきパス」が入場時に配布されます。

はこだて国際民俗芸術祭公式サイト

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク