【フォトレポ】怒涛の大混雑!「はこだてFOODフェスタ2019」 

2019年2月23日(土)・24日(日)開催の「はこだてFOODフェスタ2019」の初日の様子をご紹介します。

公式サイトはこちら「はこだてFOODフェスタ

※この記事では会場でのゾーニングに関わりなく、

◆イベントの目玉
◆肉料理
◆海鮮・魚料理
◆その他の料理と惣菜
◆パンとスイーツ
◆持ち帰り品

の順で、商品の種類ごとに写真を掲載します。


▲会場の様子

◆イベントの目玉

今年の注目は何といっても、海上自衛隊のカレー。艦艇や舞台ごとに異なる海自のカレー4種類を1日2種類日替わりで販売

▲のぼりを先頭に、あっという間に長い行列が


▲初日は11時に護衛艦「ゆうだち」、14時に護衛艦「まきなみ」のカレーを販売。24日(日)は10時に掃海艇「いずしま」、13時に函館基地隊のカレーを販売。各限定200食のため、売り切れ必至


▲もうひとつの目玉は、函館の製麺会社「日の出製麺」による函館塩ラーメンの販売。道産小麦100%使用のラーメンを1杯300円という破格の値段で提供


24日(日)は10時から200杯限定で販売。開場と同時に行列・売り切れ必至

◆肉料理


▲おぐに牧場の和牛をローストビーフにしたという贅沢な一品。ビールのお供にも良し。塩味が付いていないので、持ち帰って好きなタレをつけても良いのかも (STEAK/HAMBURG ひげ)



▲長い牛タン串(焼肉物語牛若)



▲森町「ひこま豚」の豚丼(寿フーズ)


▲柔らかくて味わい深いローストホース丼(肉鍋と肴 どんぐり)


▲お肉たっぷりビーフシチュー(STEAK/HAMBURG ひげ)

◆海鮮・魚料理



▲好きなネタを選ぶ海鮮丼(函館朝市すずや食堂)



▲道南の冬の味覚・ごっこ汁(炭火割烹 菊川)


▲道南の郷土料理・いかめし(かくまん)


▲函館鮨同業会は、握りたてのマグロ寿司や各種海鮮丼を販売


▲イクラがキラキラ


▲マグロのお寿司は去年買ったので、今年はご飯とネタが別々になった「海鮮弁当」を購入


▲自分でネタをご飯の上に載せるとこんな感じに


▲三平汁や煮粒など慣れ親しんだ味覚も(かくまん)

次のページでは魅惑のパンとスイーツなどをご紹介

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク