「しろだし」激ウマ、角館「安藤醸造」販売会

ポールスターショッピングセンターで、秋田・角館の味噌・醤油醸造元「安藤醸造」の販売会が7月11日(木)から始まったとのことで、さっそく行ってきました。

安藤醸造は、ペリー艦隊が浦賀に来航したのと同じ嘉永6年創業。創業当時のまま無添加・天然醸造で味噌や醤油などを作り続けています。直売を基本としていてスーパーなどには出回らないため、函館で購入できるのは貴重な機会。過去には函館蔦屋書店でも販売会を実施していますが、ポ―ルスターでは初めての開催となります。

安藤醸造の担当者に聞いたお勧め商品トップ3をはじめ、気になった商品をご紹介します。

▼人気No.1「しろだし」

販売会で最も人気があるのは、「しろだし」。めんつゆとしてはもちろん、これひとつあればあらゆる料理の味が決まるというスグレモノ。

味見した感想は、「なんだかわからないけど、やたらうまい」。昆布やカツオといったわかりやすい風味が突出しているわけではなく、全体としてまろやかで旨みに幅と深みがあります。

説明書きのボードによると、どうやら旨みの秘密は「しょっつる(魚醤)」のようです。この味を知ってしまったらほかのめんつゆが物足りなくなるくらいの旨さ、ぜひご体感を。

▼お勧め商品第2位 ぬれおかき

そんな「しろだし」の風味を活かしたお菓子「ぬれおかき」は今春登場の新製品。

もちっとした食感と優しい味わいが特徴です。

▼おすすめ商品第3位 寒こうじ

米こうじと炊いたお米を仕込んだ万能調味料。一番の売りは「失敗しない」こと。刻んだ野菜にまぶして一晩置くだけで深みのある味わいの漬物になります。

肉や魚にまぶしてこうじ漬けにしても良し。塩こうじのように失敗がないので、誰でも簡単に使えます、とのことでした。

▼ほかにも様々な商品が



▲味噌・醤油の醸造元なので、調味料は豊富



▲漬物も試食できます



▲稲庭うどんやきりたんぽといった定番の秋田名物も販売


▲稲庭そうめんという変わり種もあります



▲さらに変わり種の「稲庭ラーメン」


▲ご飯にのせて食べる「おかずみそ」。こんなの絶対おいしいに違いない


▲米こうじだけで作った甘酒


▲フリーズドライ味噌汁


▲会場の様子

【感想】主力商品が調味料なので地味に思われがちだが、試食で味を試せるものもあり、「新たな発見!」という感じでなかなか楽しい。当然のことながら値段はそこそこするが、抜群に旨くてこの値段なら高くないな、とすら思える。

ちなみに会場のすぐ隣は参議院選挙の期日前投票の会場になっており、取材時にも投票する人が結構続々と訪れていた。期日前投票のついでにお買い物、もしくはお買い物のついでに期日前投票を済ませるのも良いかも。

▼販売期間など

7月11日(木)~16日(火) 各日10:00~18:00、最終日は17:00まで。

会場はポールスターショッピングセンター1階イベントスペース(ドトール前)

この記事は、ポールスターショッピングセンターとのタイアップ企画です

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク