【フォトレポ】峠下3店舗合同「収穫祭」で野菜とかまぼこを買おう

2019年10月12日(土)から14日(月・祝)まで開催の『峠下3店舗合同「収穫祭」』に行ってきました。

道の駅なないろ・ななえ、THE DANSHAKU LOUNGE、北海道昆布館の3施設が連携するこちらのイベント。3店舗でそれぞれ買い物したレシート計3枚を専用シートに貼って応募すると景品が当たる「レシートラリー」があります。買い物金額は問わないので、100円でもOK。というわけで3店舗を巡ることに。


道の駅なないろ・ななえはいつもながら大変なにぎわい。明らかに地元のお客さんが多いのは道の駅として良い傾向。


「収穫祭」の目玉はこちらの野菜セット販売。大根1本・ニンジン1袋・ゴボウ1本・ジャガイモ1袋・玉ねぎ2玉(?)・ピーマン1袋・キャベツ1玉の7点が全部入って400円というとんでもないお安さ。スーパーに行ったら、下手したら大根・ニンジン・キャベツの3点くらいで400円を超えますね。


七飯・福田農園の王様しいたけも2パックで1080円の特価販売。


このほか、収穫の秋だけあって、野菜コーナーには色とりどりの野菜が山盛り。


早く採れる品種のリンゴも並び始めました。


いつの間にか誕生していた「なないろ・ななえ」のキャラクター「ランポックン」のグッズも新発売。リンゴ+リスのキャラクターなんでしょうか。なんとなく、もうちょっと顔の造形に手を加えるともっと万人受けするかわいいキャラになれそうな気がします。
スポンサーリンク



屋外では、移動販売車によるフード販売などを展開。函館イベント情報局がめちゃくちゃお勧めするのがこちら。
森町のかまぼこ屋さん「いなみ食品」がこの秋にデビューさせたという揚げかまぼこの移動販売車。

森町のイベントでいなみ食品の揚げかまぼこを食べて以来大ファンになり、「もっといろんなイベントに出店してくれればいいのに」と常々思っていたので、移動販売車のデビューは個人的に万々歳。

ぜひ皆さまに食べていただきたいのが、人気ナンバーワンの「イカコロッケ」。イカすり身に衣をつけて揚げたような食べ物で、一般的にイメージするコロッケとは違いますが、これが食感といい味付けといい旨みといい、バツグンのおいしさ。無限に食べられるかと思うくらい。それでいてお値段は1枚100円という驚きの安さ。値段とおいしさの総合点でいえば、これほど驚異的な食べ物はあまりないんじゃないか、と思うくらいベタ褒めしたくなる食べ物です。
※個人の感想です

14日(月・祝)もなないろ・ななえに出店するとのことなので、まだ食べたことない方はぜひ。

お値段はこちら。毎週金曜日には森町のいなみ食品の売店でも買えるとのことなので、機会があればぜひ。

峠下3店舗合同「収穫祭」の概要はこちら▼

【2019/10/12~14】峠下3店舗合同「収穫祭」(七飯町)
【函館イベント情報局より】台風の影響により、この週末はイベント内容や時間の変更、予告のない中止などが生じる可能性があります。十分にご注意くだ...
スポンサーリンク


The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク