【レポート】2017/3/17オープン! 北斗市観光交流センター別館「ほっくる」

▼畑のめぐみ Huis~ゆい~
新函館北斗駅前のレストランがこちらにも出店。ここではおもに、野菜や果物をその場でミキサーにかける無添加生ジュースを販売
170314hk19
170314hk17
170314hk57
170314hk58

▼医食同源
函館駅構内にも出店している同店。ガゴメ昆布製品や、酢入りのソフトクリームを販売する
170314hk20
170314hk21
170314hk22

▼食彩・桜B
おにぎり・お弁当のほか、いも餅やかぼちゃ団子をピザにしたオリジナル商品を販売
170314hk23
170314hk25
170314hk24

▼あそらぼ
ガチャガチャ機などの遊具がある無人コーナー
170314hk26

▼駅弁 ことぶき屋
海鮮素材などを使用した弁当を数多く取りそろえる。大沼牛カレーなどのレトルト商品も
170314hk27
170314hk28
170314hk30

▼道南の未来
函館・北斗の水産加工品などを販売
170314hk31
170314hk32
170314hk33

▼北都商販
お土産菓子を中心に販売。サイコロキャラメルをはじめとする、函館・道南食品の製品も多く取りそろえる
170314hk38
170314hk36

▼つどーるプラザさわらアンテナショップ
森町砂原地区のタコやタラコなどの水産加工品を販売
170314hk41 170314hk39 170314hk40

▼花びしホテルセレクトショップ
自社商品や土産品などを販売。子ども用のおもちゃがあるのがホテルの売店っぽくてユニーク
170314hk42

▼みなほっの杜 北斗店
海産物・水産加工品や、八雲牛をはじめとする道南の肉など幅広く販売
170314hk34
170314hk35

▼「ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗」へは、1階にあるエレベーターで行く
170314hk62

▼3月18日にオープンする2階「ダイニング アロサール」ではランチバイキングを提供する模様
170314hk60

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク