【レビュー】海鮮丼VS肉丼対決! 「はこだてFOODフェスタ」(2018/2/24・25)


▲サフォークラムの味付きジンギスカンなどを出品した、成吉思汗物語 らむ若


▲目の前でジュージュー焼けていくのが食欲をそそる


▲朝もぎ野菜ダイニング彩り家。ひこま豚の肉巻きおにぎりと、おから入り小籠包の2品を販売


▲肉巻きおにぎりは、一見するとたこ焼きのような見た目。肉の焼き加減もよく、ご飯ももちっとしていておいしい


▲海鮮チヂミをはじめ、韓国料理を提供していたブース。出店者名は「キム・チャルスの韓国料理」


▲中華料理李太白は、店舗では販売していないという限定メニュー「イカ焼きそば」を出品


▲鶏もも焼きや豚バラ串焼きなど肉料理を販売する、江差町「ささなみ精肉店」


▲ささなみ精肉店のもつ鍋


▲同じくささなみ精肉店の豚バラ串焼き


▲森町産ホタテ使用のホタテカレーパンが名物、もりまちのパンやさんたむら


▲注文を受けてから揚げてくれるので、いつでも揚げたて。油こくなく、サクッとした食感が楽しめる


▲羊かんでおなじみの五勝手屋本舗。冬限定の雪だるま最中各種を販売


▲すぐ見える場所で職人さんが次々に最中の皮に餡を詰めていく


▲単独出店としては今回唯一の洋食店、レストランナナパパ


▲エビのアヒージョなど、イベントではなかなか食べられないような本格洋食を提供


▲パンとスイーツを出品した、木古内「スウィーツギャラリー北じま」


▲プリンが真ん中に入ったプリンシュー


▲ティラミスメロンぱん


▲パティスリーイグレックのフルーツサンド


▲ぱくぱく塩パンが人気の「コッぺん道土 木古内店」


▲函館・近郊の複数の豆腐店の製品が買える、その名も「はこだてのおとうふ屋さん」ブース。ネーミングの良さもあってか、結構興味を持つ人が多かった様子

◆その他の催し


▲調理実演や料理教室を行う「キッチンステージ」


▲メインステージでも音楽やダンスなどの催しを上演。写真はオープニングの函館西高吹奏楽局


▲華麗なパフォーマンスで拍手を集めた函館大道芸サークル「おどけ箱」


▲会場風景

スポンサーリンク


【感想】まだ2日目の開催が残っており、また初開催でもあることから、むやみなダメ出しは控えたいと思いますが、2日目に来場される方のために1点だけ書いておきます。

全体の運営はおおむねしっかりしていると思いますが、殺到する来場者に出店者側のオペレーションが追い付いていない光景がまあまあ見られました。単純に出店者側の問題と、会場の制約に起因するもの(電源が限られており、大出力の火器も使えない)との両方があるように思われます。

2日目に来場される方は、このあたりをあらかじめ念頭に置いて、ゆったりした気持ちで時間に余裕を持って参加されると、より楽しめると思います。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク