函館市「おかずデリバリー」の利用のしかたを解説します

函館市が新型コロナウイルス対策事業として新たに着手する「おかずデリバリー」実証実験。5月7日に正式に公表され、函館経済新聞や函館新聞などが記事として紹介しています。

職場に夕食のおかずを配達する「おかずデリバリー」 函館市が飲食店支援で取り組み 函館経済新聞

函館市が飲食店支援 サイト開設で情報掲載、デリバリー実証実験も 函館新聞

ごく簡単に言うと「事前に職場単位で、市内の飲食店が作った1,000円または3,000円の
夕食用おかずセットを注文しておくと、退勤前に職場に届く」というしくみ。

実施期間は、
第1弾 6月3日(水)〜26日(金)
第2弾 7月8日(水)~8月7日(金)
※7月23日(木)~24日(金)を除く
となっています。

また、第1弾と第2弾でおかず提供店が入れ替わります(各30店の予定)。

チラシも用意されています。

とはいえ、まったく新たな取り組みのため、チラシを見たり説明文を読んだりしても少々わかりにくいのも事実。

というわけでこの記事では、「おかずデリバリー」利用の流れを写真とイラストで解説します。

1.まずは登録を(事業所登録)

「おかずデリバリー」を利用するためには、事業所単位(企業・団体・公的機関など)での事前登録が必要です。個人でいきなり申し込むことはできません。

登録は、「おいしい函館応援団」サイトから。

この実証実験では登録した事業所を便宜的に「協力企業」と呼ぶことになっているので、この記事でもそう呼びます。

登録を済ませると運営事務局から利用方法についての説明があり、それとともに「おかず一覧チラシ」と「注文用封筒」が届きます。


▲チラシと注文用封筒が協力企業に届く

協力企業はこれと並行して、注文の取りまとめや集金を行う「おかずデリ担当」を決めておく必要があります。

2.食べたいものを選ぶ


おかずセットが配達されるのは、実施期間中(後述)の水・木・金曜。各飲食店の仕入れや仕込みを考慮して、注文は前々日までに設定されています。

というわけで配達を希望する協力企業の従業員は、月~水曜日に翌々日分の「おかずセット」を「おいしい函館応援団」ウェブサイトまたはおかず一覧チラシで選びます。


おかずセットを選んだら、事務局から配布された注文用封筒の表に自分の名前と品目・数量を書きます。ここはちょっとアナログ。


次に、注文した「おかずセット」の代金を注文用封筒に入れ、社内の「おかずデリ担当」に渡します。ここまでを、前々日の13時までにやっておく必要があります。

3.事業所担当者が注文

代金が入った注文用封筒を受け取った「おかずデリ担当」は、前々日の15時までに注文者全員分の注文を「おいしい函館応援団」ウェブサイト、またはメールから注文します。

この時注意が必要なのは、事業所単位での注文総額が1万円以上であること。ひとつの職場で一回の注文金額が1万円に満たない場合は注文が未成立となります。

おかずデリ担当が従業員から預かった代金は、翌週月曜日に運営事務局が集金に来るため、それまで保管しておきます。

4.職場に届きます


配達当日、運営事務局は飲食店から「おかずセット」を受け取り、協力企業へ配送します。


▲夕方までに職場に届きます


▲自分の注文したおかずセットを受け取り……


▲おかずセットを忘れずに手に持って退勤

5.おうちで「いただきます」


おかずセットを注文した日は、ご飯さえ炊いておけば帰宅してすぐに夕食が食べられます。市内の有名店・人気店のおいしい料理や総菜で、家族だんらん。


ここまでが「おかずデリバリー実証実験」の大まかな流れになります。

さらに1万円相当の特産品が当たるかも!

おかずデリバリー実証実験と並行して、「SNSフォトコンテスト おいしい函館の魅力シェア!大作戦」も実施。

おかずデリバリーを利用して購入した「おかずセット」の写真に「#おいしい函館応援団」をつけてFacebook、Twitter、Instagramのいずれかに投稿すると、毎週3人に1万円相当の函館特産品が当たります。

詳しくは「おいしい函館応援団」サイトの「団員活動その2」をご参照ください。

この投稿をInstagramで見る

📣5月12日公開の新ウェブサイト、おいしい函館応援団! 🔎飲食店のテイクアウト・配達情報等が探せて、お得なクーポンも! さらに、サイト掲載店の料理等の写真を「#おいしい函館応援団」をつけてSNS投稿すると🎁毎週3名に1万円相当の特産品が当たる企画も💕 詳細はプロフィールのURLからご確認ください。 ※ただいま掲載店を募集中です(掲載料無料) ※当サイトは、函館市が、新型コロナウイルスの感染拡大により影響を受けている市内の飲食店等を支援するために開設しました #おいしい函館応援団 #hakodate_photo #hakodate #函館テイクアウト #食べて応援 #コロナフードアクション #コロナに負けるな

おいしい函館応援団(@o_h_ouendan)がシェアした投稿 –



▲特産品の一例

【リンク】

おいしい函館応援団

協力企業募集「おかずデリバリー」~おいしい函館応援団~ (おいしい函館)

※おいしい函館応援団事務局から依頼を受けて制作するPR記事企画です

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。