【フォトレポ】みんな待ってた「函館モノクラ」 2020/8/22

函館では各イベントでおなじみの「函館モノクラ」。

モノづくりのクラフトマンたちによるものづくり体験やハンドメイド品の販売、癒やしブースなどが出店する体験型マーケットです。函館蔦屋書店での開催はこれが5回目。

イベントが徐々に解禁されて久しぶりの開催ということで、さっそく出かけてきました。

開催概要はこちら▼

【2020/8/22・23】函館蔦屋書店「モノクラ Vol.5」
※写真は昨年の様子です ▼イベント名 モノクラ Vol.5 ▼開催日時 2020年8月22日(土)11:00~21:00 (最終受付...

チラシはこちら▼ ※タップ(クリック)で拡大します

これまでは1階中央吹き抜けだけを会場としていましたが、今回は2階ステージ前にも会場を設け、2カ所に分散しました。

ブースは約30あるとのことで、そのすべてをご紹介するのはさすがに無理なので、この記事ではそのうちほんの幾つかだけ写真でご紹介します。太字は出店者名です。

▼710CANDLE




何種類ものキャンドルづくりが体験できます。

▼chura one ~チュラオネ美しい砂~




ガラス瓶の中にカラフルな砂を層にして重ねていき、サンドアートを作ります。

▼ボナーフィル




お子さまでも簡単にできるハーバリウムづくり。たくさんの色から選べるので、組み合わせを考える楽しさが。

▼ぱすてりずむ



指で描いていくバステルアート。重ね塗りをして色の変化やグラデーションをつけるお子さまもいたりして、子どもたちの発想の豊かさを感じました。

▼カントリークラフトMAPLE



本物そっくりのパフェが制作できます。ディスプレイされている作品の数々もクオリティが高くて見るだけでも楽しめます。

▼2階の小物・雑貨販売






このほか、「ヒーリング&ビューティー」のブースも8ブースありました。

【感想】各コーナーとも充実していて、1人で何カ所も回ってものづくり体験するお客さんが多かった様子。子どもが多いかと思いきや、予想以上に大人のお客さんも多く、多くの人が待ち望んでいたんだなあと実感。やっぱり、イベントは良いですね!

スポンサーリンク



ここに載せきれなかった写真は次のページに掲載しています

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク