【フォトレポ】4/4まで開催「弘前さくらプロモーション」

函館蔦屋書店で開催中の「弘前さくらプロモーション」。青森県弘前市の「弘前さくらまつり」と物産を紹介するイベントです。物産販売は28日(日)から4月4日(日)までとのことで、足を運んできました。

イベント概要はこちら▼

【2021/3/22~4/4】函館蔦屋書店「弘前さくらプロモーション」
【2021/3/22~4/4】函館蔦屋書店「弘前さくらプロモーション」 ▼イベント名 函館蔦屋書店「弘前さくらプロモーション」 ▼開催...
▼弘前市物産販売

弘前市の特産といえばリンゴ。そして名物のアップルパイ。今回も弘前から直送したアップルパイが販売されています。

※物産の会場は中央吹き抜けではなく、暖炉隣のキッチンスペースです。


この堂々たるビジュアル。なんたって、商品名が「王道アップルパイ」。

その他の常温品も、リンゴ関連の製品が多めです。
右端のりんごスティック、決してお高くないのに見た目以上においしいですよね。奥のキットカットも気になります。


買うとついつい一気に食べてしまうアップルスナック。


青森林檎のベイクドチーズケーキ。おいしい要素しかありません。


リンゴ製品の定番、リンゴジュース。リンゴジュースってなんてあんなにさわやかなんでしょう。


リンゴジャム3種。「リンゴジャム」ではなく、品種が書いてあるところがリンゴ産地ならではですね。


リンゴ製品以外で気になるのは、バウムクーヘン各種。「青森県カシスバウム」や「青森和栗バウム」など、地元の原料を使っているのが目を引きます。


「服部醸造(マルハチ)のジンギスカンのタレで焼うどんを作るとおいしい」説を提唱している私としては、十和田バラ焼きうどんも見逃せません。

▼そのほか……


暖炉スペースでは、弘前さくらまつりの歴代ポスターを展示。かなりレアなポスターもあるので、ぜひのぞいてみてください。


27日(土)と28日(日)の2日間のみ、桜の枝プレゼントも行われていました。

桜の枝プレゼントは終了しましたが、物産販売とポスター展示は4月4日(日)まで継続されるので、立ち寄ってみては。物販は平日10:00~18:00、土日10:00~19:00(最終日は17:00まで)。

ちなみに、弘前市の桜開花予想は4月14日、満開予想は19日。乗車日20日前までの申し込みで新幹線が半額になるので、これを利用すればギリギリ見に行けるかも?

参考リンク 北海道・東北新幹線の乗車が半額に、期間限定でグリーン車・グランクラスも対象 (函館経済新聞)

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク