【フォトレポ】いいものいっぱい「函館空港×七飯・大沼コラボマルシェ」

函館空港国内線ターミナル2階で2021年7月10日(土)・11日(日)開催の「函館空港×七飯・大沼コラボマルシェ」。

チラシの出展者一覧がなかなか良さそうだったので、さっそく足を運んできました。

エスカレーターで2階に上り、土産店が並ぶエリアに目をやるとすぐ目立つ一角がイベント会場です。活気ある感じで、楽しそうな雰囲気。

そんな会場内に並んでいた、生産者こだわりの品をごく一部ご紹介します。

▲無添加のエサで育てた平飼いの卵で作る「小野養鶏場」のプリンやマヨネーズ。

▲「green樹」の七飯の野草を自然乾燥させたお茶。種類も豊富。

▲「パドミュゼ」が大沼のイタヤカエデの樹液から作ったメープルシロップ。

▲「自然とつながるおやつ aimer」の植物性100%のケーキ。

▲ガロハーブガーデンのはちみつ。大沼の初夏の花々のフレッシュな蜜。

▲coneruのハーブシロップ。はちみつとハーブシロップは大沼ラムサール協議会のブースで販売。

▲植物からの抽出物など天然成分のみを使った「ここのわ」のせっけん。自然な香りも素敵。

▲オリジナル塩辛をはじめ、さまざまな企画商品を手掛ける「たかせ」。新登場の「郷宝」酒粕入り塩辛も出品。

▲「函館大沼プリンスホテル」のパウンドケーキ。見るからにしっとりしていておいしそう。

▲同ホテルが中空土偶の顔を模して作った土偶あんぱん。もちもちしていて、とっても美味。

1階では、新グルメ「函館ブリたれカツバーガー」のキッチンカーが出店。比較的短い待ち時間で購入できます。

【感想】チラシなどに明記はされていなかったものの、出展者のラインナップに「良いものづくりをしている生産者を紹介したい」との意図が感じられ、軸の定まった良いイベントだと感じました。

七飯・大沼といえば景観の良さばかりにクローズアップされがちですが、良いものづくりをする生産者にスポットを当てることで、それを可能にしている大沼の恵まれた自然環境が見えてくるのだなと気付かされました。

「函館空港×七飯・大沼コラボマルシェ」の開催概要はこちら▼

【2021/7/10・11】函館空港×七飯・大沼コラボマルシェ
▼イベント名 函館空港×七飯・大沼コラボマルシェ ▼開催日時 2021年7月10日(土)・11日(日) 両日とも10:00...
7月のイベント一覧はこちら

スポンサーリンク


▼函館イベント情報局は、イベント主催者様からの情報提供(告知依頼)をお待ちしています。「情報提供フォーム」からお送りください。

▼函館イベント情報局は、ローカルニュースサイト「函館経済新聞」を運営しています。

新店舗情報、企業様からの新製品情報、主催者様からのイベント情報などのご提供をお待ちしています。費用は一切不要です。函館経済新聞に掲載した記事は、同時にYahoo!ニュースにも配信されます。
情報提供は函館経済新聞の専用フォームからお願いします。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク