プロ野球エキシビションマッチで、元祖「いかめし」を買うお話

東京2020開催に伴うプロ野球公式戦の中断期間に各地で開催されている非公式戦「プロ野球エキシビションマッチ」。

このうち、北海道日本ハムファイターズのホームゲーム全5試合が函館オーシャンスタジアムで開催されることとなり、8月4日(水)のベイスターズ戦からスタートしています。

函館でのファイターズ戦開催はなんと4年ぶり。そして、非公式戦とはいえ5試合も実施するのは史上初。こんなお祭りを見逃すわけにはいかない!ということで、初日の試合を見に行ってきました。

ちなみにこの記事は、試合の観戦レポートではありません。あくまでも会場の雰囲気を伝える記事なので、そのつもりでお読みください。

▼グッズ販売


広々と設けられたグッズ販売コーナー。手の消毒をして入場します。


鹿部町出身、侍ジャパンのメンバーとしても大活躍している伊藤大海投手のコーナーも特別に設けられています。4日の韓国戦でさらに大物ぶりを見せつけたので、グッズもますます売れそう。


その他さまざまなグッズがあるので、この機会に入手しましょう!


函館を舞台にしたメディアミックス作品「アルゴナビス」のタオルやサインボールもありました。

▼フード販売


千代台公園敷地に入ると見えてくる、この光景。やっぱり函館でのプロ野球開催はお祭りですよね。


おいしい屋台がいろいろあって目移りしそう。


出店数は意外と多く、販売品目もさまざま。


木樽での塩辛作りを続ける小田島水産食品と、手作りぱんの家こすもすのコラボメニューもありました。写真右下の「塩辛deアヒージョ」、とってもおいしいです。


全国的な知名度を誇る、森町「いかめし阿部商店」も出店。三代目社長の今井麻椰さんが自ら売り子をしていらっしゃいました。

右手に持っているのは、新商品の「いかめしおかき」。単なるいかめし味のおかきではなく……

いかめしをそのままつぶしておかきにしたという、こだわりの一品。ひと口食べただけで、あの懐かしのいかめしの味が口いっぱいに広がります。



そんな、炊きたていかめし。柔らかくて最高においしいです。なかなか森町に買いに行く機会もないので、この機会にぜひ。

▼試合も良かった!

肝心の試合のほうですが、打線は好調で、投手陣も先発の加藤投手をはじめ要所要所をきっちり抑え、とってもいいゲームでした。残り4試合もいい試合になりますように……!

▼8月4日のゲームのダイジェスト


スポンサーリンク


▼函館イベント情報局は、イベント主催者様からの情報提供(告知依頼)をお待ちしています。「情報提供フォーム」からお送りください。

▼函館イベント情報局は、ローカルニュースサイト「函館経済新聞」を運営しています。

新店舗情報、企業様からの新製品情報、主催者様からのイベント情報などのご提供をお待ちしています。費用は一切不要です。函館経済新聞に掲載した記事は、同時にYahoo!ニュースにも配信されます。
情報提供は函館経済新聞の専用フォームからお願いします。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク