12月18日(土)~19日(日)の函館お出かけ情報

この週末も小規模な催しが各所で開催されています。2021年12月18日(土)・19日(日)に実施されるおもな催しなどをまとめました。

◆駄菓子で作ろうお菓子の家

期間 12月25日(土)まで 開催時間10:00~17:00

場所 MEGAドン・キホーテ函館店 2階ダイソー横

内容 人が入れる大きさの家に駄菓子を貼り付けて飾り付けし、みんなで少しずつお菓子の家を作っていく企画。チャリティー企画のため、参加には1円以上の募金が必要。

リンク 3週間で完成目指すお菓子の家 「函館のおばちゃん」がチャリティー企画(函館経済新聞)


◆Gスクエア クリスマス

開催日時 12月19日(日)13:00~16:00

場所 シエスタハコダテ4階 Gスクエアイベントスペース&多目的ホール

内容

バルーンで作ったクリスマスフォトスポットの設置、バルーンづくりのワークショップ、その他ワークショップを開催。

○リンク 

Gスクエアのクリスマスイベント (Gスクエア)


◆すぐそこ #ちかいね!弘前キャンペーン

期間 12月26日(日)まで

場所 函館駅、金森赤レンガ倉庫金森洋物館

内容

金森赤レンガ倉庫では、津軽塗で作った桜のモザイクアートや、「#弘前」スタンド、さまざまな分野で活躍する弘前の事業者にフォーカスしたパネルを展示。17日(金)午後~19日(日)は、弘前のお菓子やりんご加工品の物販、りんごのハートフォトスポット設置を行う。19日(日)13:00~りんご無料配布。

函館駅には、金魚ねぷたやこぎん刺し、土偶ねぷたなどの装飾を施したクリスマスツリーや小型の弘前ねぷた、弘前の桜をテーマにした「冬も春もさくら色」ポスターを掲示。

いずれかの弘前市PRコーナーで撮影した写真に「#ちかいね弘前」を付け、キャンペーン用アカウント「@chikaine_hirohako」をフォローしたうえでインスタに投稿すると、10人に3,000円相当の弘前の特産品が当たるキャンペーンも実施中。


▲函館駅のクリスマスツリー

リンク
函館での「すぐそこ ちかいね!弘前キャンペーン」実施について(弘前市)

【開催中】弘前市観光PRブース「すぐそこ#ちかいね!弘前」(金森赤レンガ倉庫)


◆トラピスト通り並木道ライトアップ

開催日時 12月17日(金)~24日(金) 各日16:00~20:00

場所 北斗市トラピスト通り並木道からトラピスト修道院正門

内容

トラピスト修道院へ続く並木道をライトアップ。17日~23日はワックスキャンドル制作体験、18日(土)・19日(日)・24日(金)はスープ販売を行う。24日(日)はライトアップに加えてワックスキャンドルも点灯する。

○リンク 

トラピスト通り並木道ライトアップ (北斗市)


◆ポールスターミニ四駆体験教室

開催日時 12月18日(土)・19日(日) 各10:00~17:00

場所 ポールスターショッピングセンター イベントスペース

内容

持ち込みしたマシンをコースで走行させることができるほか、11:00~と14:00~の2回、初心者を対象としたミニ四駆組み立て体験・試走を実施する。各回10台(10人)限定。組み立て体験と試走は、参加費1,000円(ポールスターでの買い物税別1,000円以上のレシートでも可)。


◆道の駅なないろ・ななえ「Christmas Holidays」

開催日 12月18日(土)・19日(日)

場所 道の駅なないろ・ななえ

内容

各日11:00~と13:00~、館内にサンタが登場し、子どもにお菓子を配布。18日14:00~、七飯高校吹奏楽部による演奏会。七飯町内の学校によるクリスマス作品の展示も。

○リンク 

Christmas Holidays (道の駅なないろ・ななえ)


◆しかべ間歇泉わくわくサンデー

開催日時 12月19日(日)11:00~14:00

場所 道の駅しかべ間歇泉公園

内容

たらの芽から作ったお茶の試飲販売、軽石干し(干し魚)、鮮魚の販売など。ほたてチャウダーは100円で販売。

有料(大人300円)の間歇泉公園内では、みかんの足湯を実施するほか、自家焙煎コーヒーの振る舞い、エコバッグ作りの無料ワークショップなど。

○リンク 

しかべ間歇泉わくわくサンデー!! (道の駅しかべ間歇泉公園)


◆大町湯気市

開催日時 12月18日(土)16:00~20:00、19日(日)11:00~15:00 ※両日とも中止となりました

場所 大町改良ひろば(函館市大町3-16、大町改良住宅隣の空き地)

内容

おでんやスープなど、湯気が上る屋台を出店。無印良品のレトルトを湯煎して食べることも可能。ご飯持ち込み自由。

リンク 

「大町湯気市」開催のお知らせ (はこだて西部まちづくRe-Design)


▼函館イベント情報局は、イベント主催者様からの情報提供(告知依頼)をお待ちしています。「情報提供フォーム」からお送りください。

▼函館イベント情報局は、ローカルニュースサイト「函館経済新聞」を運営しています。

新店舗情報、企業様からの新製品情報、主催者様からのイベント情報などのご提供をお待ちしています。費用は一切不要です。函館経済新聞に掲載した記事は、同時にYahoo!ニュースにも配信されます。
情報提供は函館経済新聞の専用フォームからお願いします。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク