【8本掲載】3月19日(土)~21日(月)の函館イベント情報

まん延防止等重点措置の適用に伴って約2カ月間更新を停止していましたが、間もなく期間が終了するため、イベント情報の掲載を再開します。

この記事では2022年3月19日(土)~21日(月)に実施されるおもな催しをまとめました。

感染対策に十分留意しつつ週末をお過ごしください。

◆函館空港×北海道福島町コラボフェスタ

期間 2022年3月19日(土)~21日(月) 各日10:00~16:00

場所 函館空港国内線旅客ターミナルビル1階・2階

内容 福島町の名産品販売、観光PR展示、イカトンビ(くちばし)を使ったメニューが人気のキッチンカー「WEST RIVER KITCHEN」の出店など。

函館空港公式情報


◆スロウなお買い物展 in Spring

期間 2022年3月18日(金)~21日(月) 各日10:00~16:00 ※最終日は15:00終了

場所 THE DANSHAKU LOUNGE(道の駅なないろ・ななえ隣)

内容 雑誌「スロウ」編集部が取材した北海道のおいしいもの、素敵な作品が一堂に会するポップアップストア。編集部スタッフが販売を担当。


◆道の駅なないろ・ななえ 4周年祭

日時 2022年3月19日(土)・20日(日) 9:00~15:00

場所 道の駅なないろ・ななえ

内容 記念切符プレゼント(各日150名限定)、赤飯ふるまい(各日100名限定)、移動販売車などの特別出店、その他お得な催しを実施。

▲過去のイベントの様子

道の駅なないろ・ななえ公式情報


◆ピロシキ博2022 in HAKODATE

日時 2022年3月19日(土)・20日(日) 10:00~15:00 ※売り切れ次第終了

場所 函館蔦屋書店 2階販売ブース&ステージ

内容 「はこだて焼きピロシキ」を販売する製パン店など8店舗が、魚を使ったピロシキを販売。五島軒も普段店頭にないピロシキを販売するほか、関西で絶大な知名度を誇った洋菓子店「パルナス」の味を引き継ぐ製パン店「モンパルナス」(大阪府豊中市)のピロシキ特別販売も。


◆第73回はこだてマルシェ「モノクラ」Vol.7

日時 2022年3月19日(土)11:00~18:00、3月20日(日)10:00~17:00

場所 函館蔦屋書店 1階中央吹き抜け

内容 道南のクラフトマンたちが集まり、オリジナルグッズのワークショップを開くマルシェ。癒しブースや雑貨販売コーナーも。


函館モノクラFacebook
函館モノクラInstagram


◆第34回函館つながる市

日時 2022年3月19日(土)・20日(日)10:00~16:00 ※在庫がなくなり次第終了

場所 無印良品シエスタハコダテ1F OpenMUJI

内容 道南の自然、素材を生かし、ひたむきにモノづくりをする「ローカルヒーロー」たちが出店するマーケット。


◆「タラスミ」発表お披露目会

日時 2022年3月21日(月)10:00~16:00 ※在庫がなくなり次第終了

場所 無印良品シエスタハコダテ1F OpenMUJI

内容 鹿部名産のたらこを低温熟成乾燥させ、「からすみ」風に仕上げた珍味「タラスミ」の発売イベント。


【参考リンク】鹿部町で新名物「タラスミ」誕生 特産のタラコをからすみ風珍味に(函館経済新聞)


◆ポールスターミニ四駆体験教室

期間 2022年3月19日(土)~21日(月) 各日11:00~、14:00~

場所 ポールスターショッピングセンター 1階イベントスペース

内容 ポールスターで当日1,000円以上買い物したレシート1枚で1人参加可能。その場で渡されるミニ四駆をスタッフと組み立て、コースで試走できる。所要時間30分~1時間。各回先着10名限定。

持ち込みしたマシンを試走させることも可能(10:00〜17:00)。

※当サイトは、ほぼウェブ広告の収益のみで運営しています。広告が多く感じるかと思いますが、サイト継続のためにご理解ください。

▼函館イベント情報局は、イベント主催者様からの情報提供(告知依頼)をお待ちしています。「情報提供フォーム」からお送りください。

▼函館イベント情報局は、ローカルニュースサイト「函館経済新聞」を運営しています。

新店舗情報、企業様からの新製品情報、主催者様からのイベント情報などのご提供をお待ちしています。費用は一切不要です。函館経済新聞に掲載した記事は、同時にYahoo!ニュースにも配信されます。
情報提供は函館経済新聞の専用フォームからお願いします。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク