第008回はこだて国際民俗芸術祭8/7~8写真集(前編)

スポンサーリンク

函館・元町公園をメイン会場に、音楽やダンス(民族舞踊など)を繰り広げる屋外ライブイベント「第008回はこだて国際民俗芸術祭」の3日目と4日目、2015年8月7日(金)と8日(土)の様子を収めた写真集の前編です。前編ではおもに、日本国内から参加したアーティストのステージの様子を紹介します。このお祭りは10日(月)まで毎日続きます。スケジュール等は芸術祭公式サイトで確認できます。

▼自称メキシコから参戦!

生楽器のみで演奏する「コロナセッションズ」。東京からの参加だが、ステージ上ではメキシコから参加したという設定(笑)

生楽器のみで演奏する「コロナセッションズ」。東京からの参加だが、ステージ上ではメキシコから参加したという設定(笑)

力のこもった、アッパーな楽曲を聞かせてくれる

力のこもった、アッパーな楽曲を聞かせてくれる

008sai080834

メンバーがみんな楽しそうで、その楽しさがどんどん観客に伝わっていく

メンバーがみんな楽しそうで、その楽しさがどんどん観客に伝わっていく

008sai080842

天に向かって拳を突き上げる!

008sai080843

びっしりと客席を埋め尽くした観客も曲に合わせて振り付け

▼見たこともないあの楽器は何?

三重から参加、北欧系トリオ「カンラン」。手にしているのは、中世の手回しバイオリン。右手でハンドルを回して音を奏でる

三重から参加、北欧系トリオ「カンラン」。手にしているのは、中世の手回しバイオリン。右手でハンドルを回して音を奏でる

008sai080807

▼「名前だけでも覚えて帰ってください」

男性4人組「みにまむす」。曲の合間に何度も「名前だけでも覚えて帰ってください。みにまむすです」と繰り返すので、絶対覚えてしまう(笑)。大阪から参加

男性4人組「みにまむす」。曲の合間に何度も「名前だけでも覚えて帰ってください。みにまむすです」と繰り返すので、絶対覚えてしまう(笑)。大阪から参加

008sai080828

▼これは歌なのかお笑いなのか、両方なのか!?

歌いながら紙芝居を上演する「よしととひうた」(島根)。子ども向けと思ったら大間違い。大人もめちゃくちゃ楽しい

歌いながら紙芝居を上演する「よしととひうた」(島根)。子ども向けと思ったら大間違い。大人もめちゃくちゃ楽しい

笑顔がさわやか!

笑顔がさわやか!

▼愛に満ちた祈りの歌を

愛と平和を歌う「アラヤタツロウ&スペース土チャント」

愛と平和を歌う「アラヤタツロウ&スペース土チャント」

心を揺さぶるサウンドと歌声で、観客も総立ちに

心を揺さぶるサウンドと歌声で、観客も総立ちに

▼大道芸人も会場を沸かせる

毎年芸術祭に参加している「ブライアン・ホルス」。関西弁の話芸がクセになる

毎年芸術祭に参加している「ブライアン・ホルス」。関西弁の話芸がクセになる

008sai0807189

科学に基づいたショーやアクロバテイックな芸を披露する「くす田くす博」

科学に基づいたショーやアクロバテイックな芸を披露する「くす田くす博」

危険な技にも挑戦する45歳のおじさんだ

危険な技にも挑戦する45歳のおじさんだ

後編はこちら

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク