【2021/4/28~5/9】北斗桜回廊 (北斗市)

▼イベント名

北斗桜回廊

▼開催期間

2021年4月28日(水)~5月9日(日)

▼会場

法亀寺(ほうきじ)のしだれ桜、戸切地陣屋跡の桜並木、大野川沿いの桜並木 (いずれも北斗市内)

▼駐車場

戸切地陣屋は駐車場あり。法亀寺と大野川沿いの桜並木は、公民館かせせらぎ温泉への駐車を推奨。

▼イベント内容

北斗市の桜名所を夜間ライトアップするイベント。詳細下記。

▼法亀寺のしだれ桜


お寺の境内にある高さ約12m、推定樹齢300年の一本桜。地面近くまで垂れ下がった枝にびっしりと花を咲かせる様子は圧巻。

▼松前藩戸切地陣屋跡の桜並木


松前藩戸切地(へきりち)陣屋は、幕末の箱館開港にともなって蝦夷地の防備を強化するために築かれた防衛拠点。当時は建物があったが、今は土塁だけが残る。
ここの並木道は、道道から戸切地陣屋に続く約800mの道の両脇に植えられたもので、満開時には巨大な桜のトンネルと化す。

▼大野川沿いの桜並木


大野川沿いの道の両脇に、約300mにわたって続く桜並木。1959年に当時の皇太子殿下(今上天皇)のご成婚を祝して植えられたもので、比較的木が若いせいか、枝ぶりも花の付きもかなり良い。

▼「北斗桜回廊」期間中のイベント

●北斗陣屋桜まつり
日時/4月29日(木)10:00~15:00
場所/松前藩戸切地陣屋跡

●陣屋お花見屋台
期間/4月30日(金)~5月5日(木)
場所/松前藩戸切地陣屋跡

▼その他の桜スポット


道道96号線沿いの両脇に、約1.8kmにわたってソメイヨシノとヤマザクラの並木が続く「清川千本桜」。満開時にはとても見事な景観となるが、意外と車の通行量が多く、スピードも出ているので運転時の脇見には注意。道路沿いに観覧用の駐車スペースなどもないため、車を降りて散策するのは難しい。ライトアップはされない。

【注】上記の解説には函館イベント情報局独自の見解や主観的な情報が含まれているため、他媒体への転載や出典とするのはご遠慮ください。

【リンク】

広報ほくと令和3年4月号「北斗桜回廊」(pdfです)

スポンサーリンク


▼函館イベント情報局は、ローカルニュースサイト「函館経済新聞」を運営しています。

新店舗情報、企業様からの新製品情報、主催者様からのイベント情報などのご提供をお待ちしています。費用は一切不要です。函館経済新聞に掲載した記事は、同時にYahoo!ニュースにも配信されます。
情報提供は函館経済新聞の専用フォームからお願いします。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク