【2022/4/16~17】4月16日(土)~17日(日)の函館お出かけ情報

2022年4月16日(土)~17日(日)に函館で開催される催しなどをご紹介します。この週末は、地元の特色あるお店が集まる物販イベントが丸井今井函館店と函館蔦屋書店の2カ所で開催されます。

◆函館・道南じもとマルシェ

丸井今井函館店の開業130周年企画。函館・道南で「食」に携わる事業者が自慢の産品を販売する。初出店の事業者を含め、期間中延べ36店舗が出店。

イベント詳細はこちら

【こちらの記事もご参考に→】丸井今井函館店が開業130年企画 地元の食事業者に催事場を無償提供 (函館経済新聞)

会場:丸井今井函館店
会期:2022年4月18日(月)まで 10:00~18:30(最終日16:00終了)

◆函館・道南フェア

丸井今井函館店地下催事場にも地元企業が出店。下記画像参照。

会場:丸井今井函館店地下
会期:2022年4月26日(火)まで 10:00~18:30(各会期最終日18:00終了)

◆「純喫茶ねこ」複製原画展

函館を舞台にした漫画「純喫茶ねこ」の9巻発売を記念した複製原画展。

会場:丸井今井函館店7階特設会場
会期:2022年5月5日(木・祝)まで 10:00~18:30(最終日16:00終了)

◆いいモノセレクトマーケット「モノハン」

衣食住に彩りを与える「いいモノ」が函館・近郊から集まり、生産者や作り手がその商品の「こだわり」を伝えながら販売するセレクトマーケット。

手作り作家こだわりの作品や、地域の素材にこだわった食品、環境に優しいモノ、人気のパン店など22店舗が出店。

イベント詳細はこちら

会場:函館蔦屋書店1階中央吹き抜け
日時:4月16日(土)11:00~18:00、17日(日)10:00~17:00

◆はこだてみらい館「そらを飛ぶもの展」

多角的な視点から「そらを飛ぶもの」に焦点を当てる展示&イベント。

目玉は、空の世界が体験できる「VRハンググライダー」「VR熱気球」。日本代表選手と東京工業大学のコラボで生まれたVRハンググライダーは、誰でも空を飛ぶような体験ができる。
VR熱気球は本物の熱気球で使用するバスケットを使い、バーナーの音も再現して臨場感が味わえるという。

イベント詳細はこちら


◆みらいずマルシェ

⁡手づくり作家によるアクセサリーや小物類の販売など。

会場:道の駅なないろ・ななえ
日時:2022年4月16日(土)・17日(日) 両日10:00~16:00

◆梅干し専門店「梅祭~UMESAI~」

東京・浅草「梅干し専門店UMESAI」が函館蔦屋書店に期間限定出店。全国各地から匠の梅干しが集結する。

場所:函館蔦屋書店1階キッズパーク横スペース
会期:2022年4月17日(日)まで
函館蔦屋書店公式情報はこちら

◆松前町つながる市~滝川鮮魚店

シエスタハコダテ地下に、松前町「滝川鮮魚店」が出店。ほっけのすり身や水産加工品、珍味類などを販売。

場所:シエスタハコダテ地下1階
会期:2022年4月17日(日)まで 10:00~18:00

※当サイトは、ほぼウェブ広告の収益のみで運営しています。広告が多く感じるかと思いますが、サイト継続のためにご理解ください。

▼函館イベント情報局は、イベント主催者様からの情報提供(告知依頼)をお待ちしています。「情報提供フォーム」からお送りください。

▼函館イベント情報局は、ローカルニュースサイト「函館経済新聞」を運営しています。

新店舗情報、企業様からの新製品情報、主催者様からのイベント情報などのご提供をお待ちしています。費用は一切不要です。函館経済新聞に掲載した記事は、同時にYahoo!ニュースにも配信されます。
情報提供は函館経済新聞の専用フォームからお願いします。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク