観光ライター兼ニュース記者が選ぶ「#函館お取り寄せ」12選

今年は帰省したり旅行に行ったりできない分、せめておいしいものを食べようと傾向が全国的に強いようで、通販やお取り寄せが好調だという話を聞きます。

そこで今回は、函館の観光情報やニュース記事の取材・執筆に携わっている函館イベント情報局の佐々木が、忖度なしにまったくの独断で選んだ「函館の味をお取り寄せするならここ」というお店や生産者、または商品を一挙にご紹介します。順不同です。

【注意事項】

・年末年始は注文の殺到や休業などのため、配送が年明け以降になる店もあります。各事業者のサイト等でご確認ください

・売り切れなどが生じる場合もあります

・2020年12月22日時点の情報です

・この記事でご紹介できなかった中にも、良いお店やメーカーがたくさんあります。ひとつの参考としてご覧ください。

○稲場魚介苑

函館朝市どんぶり横丁にあるカニ専門店。片側の殻をカットしてあり、剥かずに食べられるタラバ500g+ズワイ500gの「ビートロカットセット」が超お勧め。

カニのほぐし身を惜しげもなく使った「かにたっぷり贅沢蟹松前漬」もとってもお得。

○函館カネニ

カニや松前漬、「かにまん」などで知られる函館朝市の有名店。次々に新製品を世に出すので、通販サイトを時々チェックしていると新発見が。

個人的に注目しているのは、スーパーフードとして注目が集まりつつある海藻「アカモク」のスタンドパック
スポンサーリンク


○カニの浜海道

函館の宿泊施設や高級料理店、寿司店・居酒屋などに食材を卸すアサヒ食販の通販サイト。業務用食材を扱っているので、品物・品質に信頼。

○竹田食品

「た・け・だ・しょくひん♪」のCMでおなじみ、塩辛や生珍味の専門メーカー。個人的にまあまあ買う。

地元の方は、工場敷地内の直売所もぜひ。

○野村水産

南茅部の網元が運営する水産会社。様々な水産加工品を詰め合わせた各種セットの量と価格がとんでもないので、必見。注文する前には冷凍庫に余裕を持たせてから。


スポンサーリンク


○山丁長谷川水産

全国各地の百貨店の催事でおなじみ。紅鮭や魚卵、西京漬けなどに定評あり。

○函館くじら屋

トナミ食品の直営店。自社製造したくじらベーコンなどが買える。

○青山水産

函館朝市のイカ乾燥珍味専門店。長さ約60cmもある「黄金のしいか」が名物。

○函館マルヨ

函館朝市にある海鮮卸問屋。観光客が大半の函館朝市の中で、コアな地元客が訪れる店として知る人ぞ知る存在。

○川原水産


北海道食の旅ボックスL」が豪華。その他ユニークな商品が多い。

○函館さいとう昆布


春採りの柔らかい真昆布を細切りにして乾燥した「ソーメン昆布」が美味。食べやすくてクセがなく、どんな料理にも合わせやすいので使い勝手抜群。

○函館朝市 新鮮喰味

北のめぐみ6点セット」のほか、商品多彩。

スポンサーリンク


▼函館イベント情報局は、ローカルニュースサイト「函館経済新聞」を運営しています。

新店舗情報、企業様からの新製品情報、主催者様からのイベント情報などのご提供をお待ちしています。費用は一切不要です。函館経済新聞に掲載した記事は、同時にYahoo!ニュースにも配信されます。
情報提供は函館経済新聞の専用フォームからお願いします。

The following two tabs change content below.
佐々木康弘

佐々木康弘

ライター、時々カメラマン。物を書いたり写真を撮ったり、それらを編集したりすることを仕事にしています。函館市内と近郊で、年間100件ほどのイベントに足を運んでいます。編集企画室インサイド代表。
スポンサーリンク
スポンサーリンク